1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. クールダウンの重要性。子どもは理解してますか?

運動能力

クールダウンの重要性。子どもは理解してますか?

2014年8月19日

キーワード:ケガストレッチ予防

サカイク×CUlogo.jpg
<<金成仙太郎の「ウォーミングアップ×クールダウン理論」>>
(CU)コラボ記事誘導ボタン01.jpg(サカイク)コラボ記事誘導ボタン01.jpg(サカイク)コラボ記事誘導ボタン02.jpg
 
 
 
疲労の回復を早めたり、成長痛などの障害を予防したり、次の試合や練習に万全な状態で臨んだりするためにも、クールダウンは少年サッカーでもとても重要なものです。
 
今春開催されたサカイクキャンプにトレーナーとして帯同してもらった株式会社国際スポーツ医科学研究所代表で、JASA公認アスレティックトレーナーの金成仙太郎さんに聞く「少年サッカーに必要なクールダウン」。
 
前回はその具体的なメニューを伺いましたが、今回は「実際にクールダウンを実施する際に指導者が注意すべきこと」をテーマにお届けします。
 
<<試合や練習後のクールダウン、しっかりできていますか?
 
クールダウンの様子
取材・文/杜乃伍真 写真/サカイク編集部
 

■ジョギングを軽視してはならない理由

たとえば、町クラブのお父さんコーチが目の前の子どもたちにクールダウンを実施したいと考えたときに、注意すべきポイントはどのようなものになるでしょうか。指導者がしっかりとコーチングをしながら子どもをクールダウンに集中させ、心を落ち着かせて、その効果を最大限に引き出すことの重要性は前回お伝えしました。
 
これに加えて金成さんは、
 
「まず抑えるべきはクールダウンのオーソドックスな順番です」といい、前回もお伝えした以下のクールダウンの順番を提案してくれました。なお、各メニューの詳細は前回の記事を参照してください。
 
1.軽い数分間のジョギングで心拍数を整える
2.目を閉じて、ゆっくり深呼吸をして、リラックスをする
3.ストレッチ(腿の前、腿の裏、アキレス腱など)
4.パートナーストレッチ(腿の裏、肩もみ)
5.最後は白樺のポーズで終了する
 
金成さんは「まずジョギングで心拍数を整えるのを軽視しないようにしてください」と強調します。
 
「激しい運動をしたあとに、すぐに止まってしまったりすると、それまで心臓のポンプ作用で全身に流れていた血液が、逆に急にポンプ作用が止まってしまったことで、心臓や頭に血液が戻らなくなってしまうのです。ときどき気持ち悪くなったり、頭が痛くなったりするのはこのためです。だから激しい運動のあとは急に止まることなくジョギングをしながら心拍数を整えるようにしてください」
 
まずジョギングを行う1~5の順番が理想となりますが、もちろん、いかなる状況でもこの順番を律儀に守って子どもたちに実行させる必要はありません。実際、金成さんも「グラウンドの使用時間などもあり、練習後に十分にクールダウンをする時間がとれない子どもたちはたくさんいる」という現状を十分に把握しています。
 
「その場合は、軽いジョギングを数分間だけで終わらせて、その場で立って行える簡単なストレッチで、腿の前を伸ばしたり、腰を回したり、アキレス腱を伸ばしたりしましょう。ただし、試合後や練習後に時間がないからと自宅に帰ってからストレッチを行っても身体も筋肉もすでに冷えてしまっているので多くの効果は望めません。ストレッチは運動をしたあとの身体が温まっている状態で行うともっとも効果があることを覚えておいてください」
 

1  2
取材・文/杜乃伍真 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. クールダウンの重要性。子どもは理解してますか?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  3. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  4. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  5. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  6. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  7. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  8. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ