1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 誰にも平等に訪れる成長のチャンス「ゴールデンエイジ」でサッカーがもっと楽しくなる

運動能力

誰にも平等に訪れる成長のチャンス「ゴールデンエイジ」でサッカーがもっと楽しくなる

2012年11月16日

キーワード:育成運動神経

DSC09902_600.jpg
 
いまのどうやったの? 子どもたちは、ときに大人が驚くくらい複雑な動きを瞬時にマスターして、自分のものにすることがあります。昨日までできなかったリフティングの技、一度見ただけのエラシコ。いざ大人がやってみようと思うと、頭で考えて足がもつれ、ギブアップしてしまう組み合わせの動きでも、パッと見て身体が動く。そんなことってありますよね?
 
 

■子どもはみんな天才? 爆発的な成長が見込める“ゴールデンエイジ”

 子どもたちには無限の可能性がある。よくこういう表現をしますが、実際に子どもたちの柔軟な身体と頭、そして心は運動でもその力を発揮しています。
 
 ゴールデンエイジという言葉を聞いたことがありますか? 10歳から12歳までの運動能力が急速に発達する期間、まさに育成のスイートスポットといわれる期間のことです。日本サッカー協会が発行しているJFAキッズ(U-8/U-12)ハンドブックから“ゴールデンエイジ”の説明を見てみましょう。
 
●ゴールデンエイジ
U-10?U-12年代は心身の発達が調和し、動作習得に最も有利な時期とされています。集中力が高まり運動学習能力が向上し、大人でも難しい難易度の高い動作も即座に覚えることができます。「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、世界中どこでも非常に重要視され、サッカーに必要なあらゆるスキル(状況に応じて技術を発揮すること)の獲得に最適な時期として位置づけられています。
 
 
 13歳のメッシを見出したバルセロナ。最近では当時10歳の久保建英君が海を渡り、バルセロナの下部組織で活躍しています。世界的なクラブがより若い選手に期待をかけているのは、何も金銭面や争奪戦を危惧してのことばかりではなく、この“ゴールデンエイジ”にクラブのサッカー哲学を染みこませたいという意図もあるのです。
 
 

■努力を成長に結びつける準備

 10歳から12歳というと日本では小学4年生から6年生、高学年にあたる年代。その年代がまさに“ゴールデンエイジ”に当たるわけですが、その前後の期間もそれぞれ“プレ・ゴールデンエイジ”“ポスト・ゴールデンエイジ”と呼ばれ、非常に重要な期間として位置づけられています。
 
9歳までの“プレ・ゴールデンエイジ”では、いろいろな動作を経験し、神経回路を多方面から刺激する期間。同時に自分なりにサッカーの楽しさを見つけていく期間でもあります。この年代はひとつのことに集中するというより、色々なところに興味が移ってしまう、飽きっぽい側面もあるので、練習にも工夫が必要です。どのコーチに聞いても子どもたちに、まずサッカーを好きになってもらう。そのための引き出しは多く持っていて、サッカー以外の「ごっこ遊び」を取り入れたり、別の競技を取り入れたりと工夫をしているようです。“ゴールデンエイジ”で優れた技術を習得するための下地作りがこの9歳までの期間になります。
 

GoldenAge.jpg

 
 学術的には諸説あるようですが、サッカーだけでなく、あらゆるスポーツにおいて爆発的な上達、進歩をするといわれているのが、10歳から12歳の“ゴールデンエイジ”です。「運動神経がある」「運動神経がない」「自分の子どもだから身体能力が・・・・・・」「センスが・・・・・・」そんな言葉を聞くこともありますが、運動神経がないということはあり得ませんし、遺伝的要素によって技術の上達が阻害されることもありません。この年代は「努力したら、しただけ伸びてくる」そんな状況を作り出せる期間でもあります。
 
 

■一生の技術が身につく大切な時期

「止める、蹴る、運ぶ」多くの指導者が大事にする育成年代の三大要素です。この基本的な技術をジュニア年代の指導者が特に熱心に指導するのは、ここで身につけた技術が大げさに言えば一生ついて回るからに他なりません。身体的な成長、充実はもう少し後になってやってきますが、ボールへの接し方はここでほぼ決まってしまいます。成長しきっていない身体も、筋力や身体の強さに依存しない“柔らかさ”を得るのにはむしろ好都合。現代のサッカーはポジションに関わらず、高い技術が求められます。もちろんGKにも足下の技術、パスセンスが求められています。身長や体格にこだわらず、大きくなるための準備として様々なポジションを経験して技術を磨く年代です。
 
 13歳以降は“ポスト・ゴールデンエイジ”と呼ばれます。身体がより大人に近づく過程で端から見れば「伸び悩む」時期でもあります。いわゆる成長痛(オスグッド)に悩まされたり、急激についてきた筋肉と成長した体格に順応できず、プレーの感覚を失うこともあるようですが、これは一時的なこと。本来“ゴールデン・エイジ”で身につけた技術が生かされる時期なのです。「一時的にうまく行かなくなることもある」それを理解した上で、慌てず騒がず、サッカーを続けていくことが大切なようです。
 
DSC08874_600.jpg
 
「まだうちの子には早い」「そんな難しいことより基本をしっかりやりなさい」子どもたちのプレーについつい口を出したくなってしまうこともありますが、こうした大人の考えが“プレ・ゴールデンエイジ”、“ゴールデンエイジ”の成長のリミッターになる可能性もあります。飛躍的な成長が望めるこの時期に目先の勝利を追い求め、子どもたちの可能性を狭い大人の価値観に閉じ込めてしまうことだってあるかもしれません。
 
 「上手くなりたい」という気持ちはサッカーを続けていく上で一番大切な気持ち。“ゴールデンエイジ”は誰にも等しく訪れる、一生に一度しかない成長のチャンス。このチャンスをしっかりつかむために、しっかりと準備をすること。そのときどきに合った練習、子どもたちの成長段階に合せたアプローチをしていくことが何より大切です。
 
 
[PR]ゴールデンエイジに最適!選手の能力を最大限に伸ばす『タニラダー』
 
ladder2.png
 
大塚一樹(おおつか・かずき)//
育成年代から欧州サッカーまでカテゴリを問わず、サッカーを中心に取材活動を行う。雑誌、webの編集、企業サイトのコンテンツ作成など様々 な役割、仕事を経験し2012年に独立。現在はサッカー、スポーツだけでなく、多種多様な分野の執筆、企画、編集に携わっている。編著に『欧州サッカー6大リーグパーフェクト監督名鑑』、全日本女子バレーボールチームの参謀・渡辺啓太アナリストの『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』を構成。
Facebookページはコチラ
 
1
文・大塚一樹 写真/サカイク編集部(ダノンネーションズカップ2012より)

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 誰にも平等に訪れる成長のチャンス「ゴールデンエイジ」でサッカーがもっと楽しくなる

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ