1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 一対一を制するコツ!身体の中心でボールを扱う習慣をつける練習

練習メニュー

一対一を制するコツ!身体の中心でボールを扱う習慣をつける練習

2015年10月 6日

1on1サッカースクールの育成メソッド紹介動画です。
 
今回はシンプルなマーカードリブルですが、ターンの度に“ボールを止める”要素が入っ-ています。ポイントは、ボールと身体がつねに一緒に動くことと、ボールを身体の中心でしっかり止めることです。
 
通常のマーカードリブルだと、スピードを重視しがちですが、この練習で大切なのはスピードではなく、しっかりとボールを止めてすぐに次のプレーに移れる体勢をつくることです。はじめは違和感を感じるかもしれませんが、ゆっくりおこないましょう。繰り返しおこなうことで、試合中でも当たり負けしない重心の置き方や素早く反転することができるようになります。
 
動画提供:フットプロム
 
試合中は相手がボールを奪いに来ます。そういった状況で、左右どちらの選択肢も持てるように利き足ではないほうの足でもボールを操れるスキルを身につけよう。
 
是非チャレンジしてみて下さい。
 
■やり方
1.等間隔にマーカーを設置する
2.ボールと身体をおなじスピードでゆっくり動かしていく
3.ターンのたびにボールと身体をしっかり止める
4.インサイドだけ、アウトサイドだけ、右足だけ、左足だけというように、いろいろな条件でおこなう
 
 
■ポイント
・ボールは身体の中央でしっかり止めよう
・ボールと身体をつねに一緒に動かそう
 
■わるい例
・身体がしっかり止まっていない
・ボールが流れてしまい、身体の外に出てしまう
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 一対一を制するコツ!身体の中心でボールを扱う習慣をつける練習

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ