1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 親子でできるボールバウンドゲーム

練習メニュー

2014年3月13日

親子でできるボールバウンドゲーム

キーワード:親子

<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
 
【練習の目的】
●ボールマスタリー 親子のコミニュケーション
 
【対象】
幼稚園、小学校低学年
 
【ルール】
  1. 交互にボールをフラフープの中にバウンドさせる。
  2. ボールを取れなかったら相手に1点。
  3. フラフープの中にバウンドできなかった場合も相手に1点
  4. 動きながら行う
  5. 右手だけ、左手だけなどレベルに合わせて制限をつける
  6. 5点先取したほうの勝ち
 
【やり方】
 
親子で向かい合った状態からスタート
1.親子で向かい合った状態からスタート
 
フラフープ(まる)の中にボールをバンドさせる
2.フラフープ(まる)の中にボールをバンドさせる
 
次に親がキャッチ
3.次に親がキャッチ
 
キャッチしたあと、フラフープの中にバウンドさせる
4.キャッチしたあと、フラフープの中にバウンドさせる
 
交互に繰り返す
5.交互に繰り返す
 
慣れてきたら動きながら行う
6.慣れてきたら動きながら行う
 
 
【ポイント】
①ステップで、いい準備をする
②体の正面でボールをキャッチ出来るようにする
③ボールを怖がらないでよく観てキャッチする
④相手をだませるようにたくさん工夫する
⑤楽しくおこなう
 
【あると便利な道具】
小さいボール
 

 
[PR] プロも使っている“誰でも足が速くなる”トレーニング『タニラダー』
 
ladder2.png
 

【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
知のサッカー[第2巻]について詳しくはこちら>>
 
think-soccer-vol2img.png
 
■監修
kikuchi.jpg
菊池健太コーチ//
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 親子でできるボールバウンドゲーム