1. サカイク
  2. トピックス
  3. 中学でもサッカーを続けられる環境を! JFAとアディダスジャパンが女子サッカー応援プロジェクトを開始

トピックス

中学でもサッカーを続けられる環境を! JFAとアディダスジャパンが女子サッカー応援プロジェクトを開始

公開:2020年2月25日

公益財団法人日本サッカー協会(JFA)が、アディダスジャパン(本社:東京都港区)とともに、国際女性デーであり「女子サッカーデー」にも位置付けられている3月8日より新プロジェクト「HER TEAM」プロジェクトを始動することを発表しました。

jfa_adidas.JPG
プロジェクトの発表をする日本サッカー協会 女子委員長の今井純子さん、左はアディダスジャパンの七田佳代さん

 

アディダスは「スポーツを通して、私たちには人々の人生を変える力がある」という理念のもと、2018年よりアメリカやフランスをはじめとした各国で女性スポーツの発展に向けたプロジェクトを展開しおり、一方でJFAもなでしこvisionに掲げる「サッカーを女性の身近なスポーツに」「女性が輝く社会の実現」を目指した様々な活動を行っており、この度両者が女子サッカーの普及・発展に対する思いに強く共感すると同時に課題についても共通認識をもったことより本プロジェクトの立ち上げが実現。

具体的なアクションとしては、女子中高生のスポーツ継続率の向上を目指し、メンバー募集告知ツールの提供やクリニックの開催など様々なサポートをしていく予定だそうです。

JFAが2018年度に集計した競技者登録データによると、日本のサッカー競技人口は13歳(中学1年生)を迎えると56%がサッカーから離れており、その大きな理由が、女子が中学でサッカーを続けられる環境=学校部活やチームが無い事が挙げられます。

中学生年代の女子サッカーチームは全国に201チームで、7,000以上ある男子サッカーチームに比べ約2%。また、47都道府県のうち8つの都道府県で中学生年代に特化した女子サッカーチームが存在しないという現実があります。

そこでこのプロジェクトでは中学生年代(U-15年代)の女子がプレー可能で、2020年度に新設されるチーム(※審査を通過した10チーム)に対して主に下記の創設サポートを行うとの事です。

・メンバー告知募集ツールの提供(ポスター、チラシ)
・ユニフォーム提供
・サッカークリニック開催

発表会に登壇したアディダスジャパンのグローバルプロジェクトイベント 東京 ブランド&オムニチャネルマーケティングマネージャーの七田さんによると、初年度はまず環境づくりから始め、追って思春期の女子をコーチングするための指導者へのフォローなども行っていく予定との事でした。

今までは中学でもサッカーを続けたいと思っても、女子チームの受け皿が少なく、サッカーを続けることを断念せざるを得ない選手たちもいましたが、この取り組みによって大好きなサッカーを続けていける子が増えていく希望になるのではないでしょうか。

創設サポートチームは、3月8日よりアディダス オンラインストア上の特設ページより応募受付開始となります。

1
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

トピックスコンテンツ一覧へ(7701件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 中学でもサッカーを続けられる環境を! JFAとアディダスジャパンが女子サッカー応援プロジェクトを開始