1. サカイク
  2. トピックス
  3. 逆輸入元Jリーガーによる講演会・サッカー教室 依頼受付中

トピックス

逆輸入元Jリーガーによる講演会・サッカー教室 依頼受付中

公開:2019年4月23日

リアルな海外体験、夢を追い続ける大切さを子どもたちに聞かせるチャンス

Jリーグをはじめとして海外クラブでのプレー経験を持つ柴村直弥さん。

大学卒業後はJの道ではなく「アルビレックス新潟シンガポール」に入団。そこでの実績を経てJリーグへ逆輸入という珍しい経歴を持ち、20代後半からはラトビアやウズベキスタン、ポーランドのトップリーグでも活躍。2018年からは、「キャプテン翼」の原作者である高橋陽一先生が後援会長を務める東京都1部リーグの南葛SCで選手兼ヘッドコーチとして、チームの監督を務める元日本代表の福西崇史さんと共にJリーグ昇格を目指して挑戦しています。

アフガニスタン女子サッカー代表講演.jpg
サッカーアフガニスタン女子代表チームへの講演

 


2014年広島平和記念国際ユース大会では、大会初となる代表チームの招致に尽力。自身がプレーしたポーランド、ウズベキスタンのU-17代表チームを招致し、平和への架け橋を作るなど精力的に活動。

また、海外での豊富なプレー経験をもとに、母校の中央大学や広島皆実高校はもちろん、JFAアカデミー福島や北星学園高校(北海道)、サッカーアフガニスタン女子代表チームなど、様々な場所やカテゴリーで自身の経験を生かした講演活動、サッカー教室等を行っています。

日本人未開のリーグに挑んだ体験談や、海外生活で必要なスキルなど、夢を追うことの大切さだけでなく、人生に役立つ貴重なお話を聞ける機会です。

柴村選手への講演の依頼はこちら>>

プロフィール
柴村直弥(しばむら・なおや)
1982年9月11日生まれ。広島皆実高校2年時に全国高校総体優勝、国民体育大会3位
中央大学では2学年上の中村憲剛とチームメイトで2年時に関東大学2部リーグ優勝及びベストイレブン受賞。
アルビレックス新潟シンガポールを経て、アビスパ福岡でJリーグデビュー。徳島ヴォルティスではキャプテンを務め、ガイナーレ鳥取、藤枝MYFCでプレーした後、2011年に欧州へ挑戦し、ラトビア1部の強豪FKヴェンツピルスと契約。ラトビア1部リーグ優勝、ラトビアカップ優勝を果たし、UEFAヨーロッパリーグにも出場。
当時ACL(AFCアジアチャンピオンズリーグ)全大会(11回)に出場しているアジアで唯一のクラブであるアジアの強豪FCパフタコールへ移籍し、ACLにも出場。
ポーランドでプレーした後、当時J1のヴァンフォーレ甲府へ移籍。
現在は南葛SCで選手兼ヘッドコーチとして活躍中。

母校の中央大学や広島皆実高校はもちろん、JFAアカデミー福島や北星学園高校(北海道)、サッカーアフガニスタン女子代表チームなど、様々な場所やカテゴリーで自身の経験を生かした講演活動等を行っている。

1
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

トピックスコンテンツ一覧へ(7638件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 逆輸入元Jリーガーによる講演会・サッカー教室 依頼受付中