1. サカイク
  2. トピックス
  3. 目からの情報を素早く処理して身体に伝える。個々の最速を引き出すスクールを開校

トピックス

2019年3月11日

目からの情報を素早く処理して身体に伝える。個々の最速を引き出すスクールを開校

キーワード:コーディネーションドイツビジョントレーニングブレーメン判断坂本健二小松佳弘視野

ビジョントレーニング×コーディネションで最速な個を引き出す
クロックアップフットボールスクール

今年2月に完成したばかりの横浜最大級のスポーツ施設「あおばスカイフィールド」は、現代の展開の速いサッカーに対応できる選手を育成するため、「クロックアップ フットボールスクール」を4月より開設します。

clockupfootballschool.jpg

現代の展開の速いフットボールに対応できる選手を育成するため、ビジョントレーニングソフトを使い、目からの情報と情報を処理する脳の対応速度を上げ、グラウンドで行うコーディネーショントレーニングを通じて脳と身体の処理を円滑にさせることで、個々の最速を引き出す事にアプローチします。

人が得ている情報の83%が目からと言われます。その情報処理スピードを上げ、身体を動かす指示をスムーズにすることで、展開の早いゲームの中でも最適な判断と動きができるようになるのです。ドイツで長年指導者として活動し、ブンデスリーガのSVヴェルダー・ブレーメンで育成年代を指導した経歴を持つ坂本健二さんがコーディネーショントレーニングのコーチを務めます。そして、スクール生には小松式ビジョンアセスメントを開催し、個人の目の癖を知ることでビジョントレーニングの質を上げていきます。

スポーツに必要な瞬間視・周辺視野など「スポーツビジョン=見るチカラ」を鍛えるプログラムとフィールド内の状況を見通す能力、複数の動作を連続して、スムーズに行うコーディネーションスキルを高める指導で個々の最速を引き出すことを目指します。

オープンに先駆けて無料体験会を開催いたしますので、みなさんお気軽にご参加ください。素早く判断して動ける選手になりたいお子さんはぜひ一度体験してみてくださいね。

 コーチプロフィール 
坂本健二(元SV Werder Bremenコーディネーションコーチ)
1960年生まれ、東京都出身。82年~89年山雅SC(現松本山雅FC)にてプレー(85年北信越リーグ優勝)。99年~02年SVヴェルダー・ブレーメンのU16、U13、U9などの指導者を歴任、01年にはクラブ史上初のコーディネーション・コーチにも抜擢され、U14、U13、U12を担当した。02年バイエルン州サッカー協会主催の講習会「コーディネーション訓練とスピードとレーニング」を受講。その後FCペンツベルク(9部リーグ)やSVハイムシュテッテン(4部リーグ)にて、コーディネーショントレーニングの依頼をクラブ側から要請され、通年実施した。15年指導者DFB・エリート・ユース・ライセンスを取得、日本へ帰国(在独歴16年)。帰国後は日本各地にて指導者講習会の講師を務める傍ら、ドイツサッカー協会の育成書籍「ジュニアサッカー指導の手順と練習法(東邦出版)」などを翻訳、サッカー専門誌「サッカークリニック」などへ寄稿している。


 無料体験会開催概要 
開催日:3月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)
時間:16時~18時(各開催日共通)
場所:あおばスカイフィールド
対象:小学校1~6年生
定員:各日32名

申し込みはこちら>>

お問い合わせ
TEL:090-3698-2616

1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7591件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 目からの情報を素早く処理して身体に伝える。個々の最速を引き出すスクールを開校