1. トップ
  2. トピックス
  3. 「好きだからサッカーをしていたんだ」中田英寿が盟友バティストゥータと対談|W杯の思い出、これからの挑戦したい夢とは

トピックス

2018年6月29日

「好きだからサッカーをしていたんだ」中田英寿が盟友バティストゥータと対談|W杯の思い出、これからの挑戦したい夢とは

キーワード:W杯バティストゥータ中田英寿引退挑戦

マニュライフ生命 WEB 番組「Life 2.0 TRAVEL」新作公開

マニュライフ生命保険株式会社(本社:東京都新宿区)は、6月29日(金)より、元サッカー日本代表の中田英寿氏と元サッカーアルゼンチン代表のガブリエル・バティストゥータ氏が出演するWEB番組「Life 2.0 TRAVEL」の新作をマニュライフ生命の特設サイトにて公開しました。

高画質「Life2.0 TRAVEL」中田英寿×バティストゥータ_image03.jpg

イタリア・セリエAに移籍してから20年という節目の年を迎えたナビゲーターの中田さんが当時在籍していたローマを訪れ、チームメイトであった元アルゼンチン代表のガブリエル・バティストゥータ氏と再会し、W杯のこと、現役引退後の人生、これからの夢などを語り合っています。

20年前、日本が初めて出場したフランス大会で対戦した2人。バティストゥータ氏のゴールによって敗れているため「日本のW杯はあの大会から歴史が始まった。だからいつまでも君は感じ悪いまま印象に残っている」とジョークを交えて印象を語った中田さん。

現役引退後、アルゼンチンに戻り牧場の経営者となったバティストゥータ氏は、「次のプロジェクトは僕が住んでいる街で子どもたちのためにスポーツ施設を作ることだ。サッカーだけでなく英語や食事、ビジネスも学べる『人生の学校』にしたい」と新たな夢を明かすと、中田さんも「全く同意見だ」と賛同。

一方の中田さんは、引退後に7年かけて日本国内を旅し、現在は日本文化や日本酒の魅力を世界に広める活動をしています。サッカー界とは別の場所に活躍の場を移していますが、「ビジネスというより好きだからやっているという感覚で、それはサッカーを好きでやっていたのと同じ」だと言います。

「好きな事じゃないと上手くならない。(練習に)時間も使わない。それはほかの事でも同じ」と語る中田さん。バティストゥータ氏も「大切なのは好きなことをするということ。そうじゃなかったら幸せじゃないでしょ?」と続きます。

後編では新たなチャレンジを続ける二人がこれから挑戦したいことについて語っています。

「Life 2.0」とは、マニュライフ生命が提唱する、年齢やライフステージに関わらず自分の可能性を拓こうとする生き方です。今回の動画、CMは、視聴された方が自ら積極的に行動し、それぞれが思い描く理想の未来を切りひらいていくためのきっかけになってほしいとの思いが込められているとのことなので、ぜひ特設ページよりご覧ください。


WEB番組と連動した新CM「再会篇」は7月1日(日)より関東、関西、中部エリアにて放送予定です。


【特設サイト】
新たなチャレンジを続ける 中田英寿 × バティストゥータ対談はこちら>>

1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7508件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 「好きだからサッカーをしていたんだ」中田英寿が盟友バティストゥータと対談|W杯の思い出、これからの挑戦したい夢とは