1. サカイク
  2. トピックス
  3. 子供のときの食事でケガは減らせる!ドイツが取り組む"食事改革"の全貌

トピックス

子供のときの食事でケガは減らせる!ドイツが取り組む"食事改革"の全貌

2016年1月12日

「子供のときに正しい食事をしていたものは、プロになってからケガが少ない」

インゴ・フロベーゼ教授(ケルン体育大学)

 

今、ドイツサッカー界では「食事改善」がブームになっている。

 パフォーマンスを上げるために、フィジカル、メンタル、テクノロジーといったことを突き詰めているうちに、食事にまで行き着いたのだ。

 たとえば今季フランクフルトでは、2シーズンぶりに戻ってきたフェー監督の要求により、栄養士のアドバイスの下、食事改善に取り組むようになった。

「動物性タンパク質は炎症を助長し、ケガのリスクを高める」という理由で肉を出す機会を以前より少なくし、さらに乳製品を出すのをやめた(代わりとなるのはアーモンドミルクやオート麦ミルク)。小麦は排除し、ライ麦、ソバ、スペルト小麦(古代穀物)を使った食事を出している。

 これによってドイツU-21代表MFのステンデラは体のキレが増し、10節のハノーファー戦で2ゴールを決めた。以前はピザばかり食べていたが、それを止めて体重が減ったのだ。

栄養にまつわる資格を取った現役選手も。

 現役にもかかわらず、通信教育で「栄養アドバイザー」の資格を取った選手もいる。インゴルシュタットのDFレフェルスだ。チームメイトのために練習後の「回復スムージー」を日々作っており、オススメのレシピはアーモンドミルクをベースに、アーモンド、バナナ、ナツメヤシ、カカオを入れ、仕上げとして少量のバニラとココナッツオイルを加えたもの。特製ドリンクが仲間たちのハイプレスを支えている。

 また、ラングニックはドイツ2部のRBライプツィヒにおいて、血糖値がすぐに上がる食品(砂糖など)を避ける「低グリセミック・ダイエット」を選手たちに実践させている。果物も14時以降は禁止だ。

 

その他、当記事は

試合直後の食事を義務付けたグアルディオラ

ドルトムントは下部組織、そして親にも。

と続く。

記事詳細はこちら

 

1

トピックスコンテンツ一覧へ(7329件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 子供のときの食事でケガは減らせる!ドイツが取り組む"食事改革"の全貌

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ