1. トップ
  2. トピックス
  3. 個人でも!チームでも!フィジカルトレーニング特集

トピックス

2015年9月11日

個人でも!チームでも!フィジカルトレーニング特集

サカイク編集部が運営する「イースリーショップ」では、選手向け・指導者向けのフィジカルトレーニングのDVDを新入荷しました。個人でも、チームでも、ぜひご利用ください!
 
●場所がなくても時間がとれなくてもできる!

ジュニア期の身体能力を引き出す段階的トレーニング

jrphysical_03.jpg
競技を行っていると、できないプレーや苦手な動きというものが出てきます。ボールを受けるとどうしても慌ててしまったり、切り返しが上手くいかなかったり、ガチガチに力んでしまったり。
その事象をコーチが叱って修正できればいいのですが、多くの場合うまくいきません。なぜなら選手自身が「できない身体」になっているからです。そんな状況を打破していくにはまず、土台になる体づくりや動きづくりが必要となってきます。かといって筋トレのようなものを延々と行っていけばいいのかというと、決してそうではありません。"身体能力"を向上させていくためには、科学的根拠に裏付けされたコツがあるのです。
jrphysical_img04.jpg
収録されている練習メニューは時間や場所に制限があるなかでも使いやすいようアレンジされているので、ウォーミングアップに取り入れるもよし、専門の動きにアレンジして練習メニューに変えるのもよし。アイディア次第で一段と内容の濃い練習となるはずです。
 
動画もチェック!続きはこちらから>>
 
 
●スポーツ指導者なら知っておきたい!

選手の"動き"を知るテスト&トレーニング「ムーブメントスクリーン」

movescreen_img05.jpg
アメリカ発祥の「FMS」(ファンクショナルムーブメントスクリーン)は、カラダのクセや機能性を診断する評価方法で、今やプロ野球・Jリーグ・NBAなどあらゆるトッププレーヤーが行う、全世界のスポーツ選手にとって新常識となっている評価法です。
movescreen_img03.jpg
そのFMSをベースにした"11種類のムーブメントスクリーン(テスト)"と"56種類のモビリティ(可動性)とスタビリティ(固定性)のためのトレーニング"を収録しました。
movescreen_img07.jpg
テストでは主にカラダの『動き』『クセ』『機能性』を診断。方法はいたって簡単で、選手たちだけでも行えるのが特徴です。トレーニング期の前後やシーズン中に診断をすることで、そのときに必要な練習内容やトレーニングの効果が一目瞭然になってきます。
 
すぐ使えるチェック表も収録!続きはこちらから>>
1

トピックスコンテンツ一覧へ(7333件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 個人でも!チームでも!フィジカルトレーニング特集