1. トップ
  2. トピックス
  3. FCバルセロナスクール葛飾校、4月26日開校!!

トピックス

2015年3月13日

FCバルセロナスクール葛飾校、4月26日開校!!

キーワード:キャプテン翼スクールバルセロナ

4月26日、FCバルセロナスクール(正式名称:エフ・シー・ビー・エスコラ)葛飾校が開校します。それに伴い、本日(3月13日)葛飾区にて記者会見が行われました。

会場には、葛飾区長の青木克徳氏、一般財団法人キッズチャレンジ未来理事の秋元雅義氏、FCBEscolaプロジェクトコーディネーターのトニ・クラベリア氏、葛飾校テクニカルディレクターのアイトール・オルモ氏(テクニカルディレクター)、アメージングスポーツラボジャパン代表の浜田満氏が出席。

IMG_3138_s.jpg
右から青木氏、アイトール・オルモ氏、青木区長、トニ・クラベリア氏、浜田満氏
 
 
FCバルセロナといえばサッカー漫画『キャプテン翼』の主人公、大空翼がプレーするチーム。葛飾区といえば、作者の高橋陽一先生の出身地の出身地です。
 
各コメントはこちら。
 
「スクール開校はバルサメソッドを広める絶好の機会となり、仲間を思いやり、心のつながりを大事にできる人間に成長できる場を提供でき、子どもたちに夢を与えるだけでなく、葛飾の地域振興にも役立つと信じています。バルサメソッドを学んだ子どもたちが2020年の東京オリンピックという世界中の注目が集まる舞台で活躍できることを期待しています」(一般財団法人キッズチャレンジ未来理事、秋元氏)
 
「キャプテン翼の地、葛飾でバルサスクールが開校します。地域の活性化、子どもたちの健全育成、スポーツ振興に取り組んできました。今回のバルサスクールの開校でそれがより一層強まるのではと期待しています。スクールだけでなく、キャプテン翼にちなんで翼カップを葛飾区で開催したいと考えています。国内はもちろん国外のチームも参加できる大会にして、少年少女ががんばる場を作っていきたいです」(葛飾区長、青木克徳氏)
 
「今回開校する葛飾校は、世界で14個目のバルサスクールであり、開校できることになり本当によかったです。FCバルセロナプロジェクトというのは年々大きくなっています。日本の少年少女に、バルサメソッドをサッカーを通じて伝えていき、サッカーを通じて、選手としても人間としても成長してもらいたいです。選手から教えてもらうこともたくさんあると思っています。この地で子どもたちと共に成長できることを嬉しく思います」(FCBEscolaプロジェクトコーディネーター、トニ氏)
 
「このスクールではFCバルセロナの価値観を共有する場でもあると考えています。その価値観というのが、相手に対する敬意、責任感、助け合い、そしてグループで戦うための精神力があります。これまで日本で展開してきたスクールやキャンプでの経験が、必ず葛飾校の指導で役立つと確信しています。新しいプロジェクトに関われることは楽しみでもありますが、大きな責任があるということも理解しています。サッカーを」(FCBEscola KATSUSHIKAテクニカルディレクター アイトール・オルモ)
 
FCバルセロナスクール葛飾校の詳細はこちら>>
 
 
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7426件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. FCバルセロナスクール葛飾校、4月26日開校!!