1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【全少】決勝進出は名古屋グランパスU12と鹿島アントラーズジュニア

トピックス

【全少】決勝進出は名古屋グランパスU12と鹿島アントラーズジュニア

2013年8月 2日

キーワード:全日本少年サッカー大会

IMG_0610.JPGIMG_0949.JPG

2日、第37回全日本少年サッカー大会決勝大会は愛鷹広域公園多目的競技場にて準決勝2試合が行われた。
 

■第1試合:名古屋グランパスU12(愛知) 2―1 ソレッソ熊本U-12(熊本)

前半から互いに決定機をつくり、10分にはソレッソ熊本U-12がコーナーキックからキャプテン松岡大起選手がシュート。しかし、クロスバーに跳ね返され得点ならず。16分には名古屋グランパスU12FW新玉瑛琉選手がGKをかわしてシュートを放つも、相手DFにクリアされ、ソレッソ熊本の守備も集中が切れなかった。このまま0-0で前半終了かと思われた20+2分名古屋グランパスU12は石田凌太郎選手のフリーキックを相手GKが弾き、こぼれ球を岡崎流也選手がゴールに押し込み、名古屋グランパスU12が先制して前半を終える。
 後半、名古屋グランパスU12は26分、相手GKのゴールキックをハーフライン近くで奪った松山竜也選手が、GKが飛び出しているのを見逃さずにロングシュート。これが決まって追加点をあげる。ソレッソ熊本U-12も必死の反撃を見せ、試合終了間際の40分、橋本大尊選手のコーナーキックから辻本直也選手のヘディングシュートで1点を返したが、反撃もここまで。名古屋グランパスU12が2-1で勝利し、決勝へ駒を進めた。
 

■第2試合:鹿島アントラーズジュニア(茨城) 4-0 大山田SSS(三重)

鹿島アントラーズジュニアの攻撃陣が序盤から爆発。2分には相手DFラインの前のスペースからFW栗俣翔一選手が落ち着いてシュートを決めて先制。栗俣選手はこれで得点王争い単独トップとなる大会11得点目を挙げた。さらに6分165cmの長身FW久保田慧選手がゴールめがけてドリブルで突進し、そのままシュートを決めて早くも2点のリードを奪う。一方の大山田SSSは鹿島アントラーズジュニア守備陣をなかなか崩すことができず、前半は2-0で鹿島アントラーズジュニアがリードで終える。
 後半に入っても鹿島アントラーズジュニアは攻撃の手を緩めず、23分には右サイドの根本健汰選手、栗俣選手とパスが繋がり、最後逆サイドでボールを受けた久保田選手が自身2点目のゴールを決める。さらに26分にも栗俣選手のパスを受けた久保田選手がシュートを決めてハットトリックを達成。大山田SSSは大声援を受けて、最後まで諦めずにゴールを狙い続け、39分には末吉祐紀選手、終了間際には雨宮陸選手がゴールを狙ったが、惜しくもゴールネットを揺らすことはできず、このまま試合終了。鹿島アントラーズジュニアが4-0で勝利し、決勝へと駒を進めた。
 
 決勝のカードは名古屋グランパスU12-鹿島アントラーズジュニアとなり、明日8月3日(土)9:30より愛鷹広域公園多目的球技場にて行われる。
 
<<決勝戦>>
8月3日(土)9:30キックオフ
■対戦カード:名古屋グランパス(愛知)- 鹿島アントラーズ(茨城)
■放送:10:30~11:25 日本テレビ系31局ネット
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【全少】決勝進出は名古屋グランパスU12と鹿島アントラーズジュニア

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ