1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【全少】福西崇史さんと学ぶ、キズケアの正しい方法

トピックス

【全少】福西崇史さんと学ぶ、キズケアの正しい方法

2013年7月31日

キーワード:全日本少年サッカー大会

0730jjhukunishi_600.jpg
 
全日本少年サッカー大会会場にて、大会の応援にかけつけた選手の保護者と指導者を対象に、正しいキズケアの大切さや、キズの痛みをやわらげながら早くきれいに治すことのできる新しいキズケア方法:モイストヒーリングを紹介する講座【福西崇史さんと学ぶ、正しいキズケア講座】が開催された。
 
この講座は、今大会より全日本少年サッカー大会オフィシャル キズケアサポーターとなったジョンソン&ジョンソンが開催したもの。サッカー元日本代表の福西崇史さんをゲストに、今までのキズケアとは全く異なる新しいキズケア方法:モイストヒーリングや、その処方に適した新商品:キズパワーパッドの紹介などが行われ、参加した保護者・指導者はキズが早く、きれいに治る理由の説明などに興味深く耳を傾けていた。
 
福西さんは、「子供頃のころ傷を作って泣きながら家に帰り、お母さんにバンドエイドを貼ってもらうと貼ってもらっただけで治ったような気がして泣き止んでいた。お母さんに見守られているという安心感があったんだと思う。モイストヒーリングを取り入れることで、子供たちが安心してサッカーにより取り組めると良いと思う。」など、自身の少年自体のエピソードも交えながら、保護者・指導者へメッセージを送っていた。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
キズと共に成長するサッカー少年へサッカーと母とキズケアの思い出
サッカーにつきもののケガとキズ。痛みをおさえて早くキレイに治す、有効なケア方法とは?
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【全少】福西崇史さんと学ぶ、キズケアの正しい方法

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ