1. トップ
  2. トピックス
  3. 学校生活、私生活、サッカー、すべて必要なことです

トピックス

2011年9月 3日

学校生活、私生活、サッカー、すべて必要なことです

キーワード:文武両道

プロの選手になることがいかに狭き門で、またサッカー選手という職業がいかに短命であるかという事実は言うまでもないことかもしれませんが、果たしてそれを現実的に受け止め行動として実践できている選手はどれだけいるでしょうか? サッカーだけ頑張ればいい果たしてそうでしょうか? 

とてもよいブログ記事がありました。みなさんにもご紹介したいと思います。これは、先日取材したFCバルセロナのカンテラコーチも同じ事を我々に話してくれました。プロを目指している選手、そのご家族にもぜひ読んでいただきたい記事です。
 
 

『オエステ福岡U15 なりたい自分』 ブログより引用

【プロサッカー選手になれる割合】
1万9537人に1人 (TV東京系「FOOT×BRAIN」より)
 
【プロサッカー選手平均引退年齢】
26歳
 
プロになることが出来るのは2万人に1人だけであり、例え2万人に1人になったとしても平均して26歳で現役引退です。もし、本気でそこを目指しているならば、2万人のなかで1番努力しているという自負はありますか?これはあくまでも割合や平均の話です。『無理だよ』と言いたいわけではありません。夢や可能性を否定する資格は私にはありません。目標に向かわなければ、辿り着くことは出来ません。目標に向かって『本気で』取り組めば、目標に辿り着かずとも過程で得たものは生きていくうえで必ずプラスになるでしょう。
 
何が言いたいか・・・
プロサッカー選手になりたくてもなれない人の方が大多数であり、たとえプロサッカー選手になろうとも、その先の人生の方がよっぽど長いということです。現在、3年生は進路を現実的に考える時期になっています。
サッカーの特待生として・・・、良いかもしれません。
親元を離れる・・・、良いかもしれません。
サッカーを中心に考えての進学・・・、良いかもしれません。
ただ、どんな形にしろ進学する以上は高校生です。サッカーだけに集中する、サッカーだけ頑張れば良い。そんなことはありえません。高校生です。
学校生活、私生活、サッカー、すべて必要なことです。そして、それは繋がります。どれか一つだけ・・・、ダメです。あれもこれもで中途半端・・・、ダメです。繰り返しになりますが、全て必要なことであり、全て繋がります。勘違いしてはいけません。
 
最後に・・・
『過去の自分は変えられないが、過去の経験を活かすことは出来る。過去の経験を活かすことが出来れば、今の自分が変わる。今の自分が変われば未来の自分は変わる。』私自身もサッカー指導者として、サッカーを通じてサッカー以外の部分も伝えられるように・・・
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7516件)

コメント

  1. トップ
  2. トピックス
  3. 学校生活、私生活、サッカー、すべて必要なことです