1. サカイク
  2. 連載
  3. ジュニア年代の正しいフィジカル・コンディショニング論
  4. 【第1回】よりよいサッカー選手をめざすための正しい身体づくり、土台づくりとは?

ジュニア年代の正しいフィジカル・コンディショニング論

【第1回】よりよいサッカー選手をめざすための正しい身体づくり、土台づくりとは?

2012年9月17日

キーワード:コンディショニングトレーニングフィジカル

IMG_5787.JPG
 
こんにちは、ヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチ・谷真一郎です。私はJクラブのフィジカルコーチとして、日々、選手たちの体づくりを行なっています。それと同時に、『谷塾』という場を作り、『スポーツの競技特性に合ったトレーニング』を追求しています。私は筑波大学時代に日本代表に選ばれ、大学卒業後は日立製作所本社サッカー部(現・柏レイソル)でプレーしました。僭越ながら、『日本で唯一の日本代表キャップを持つフィジカルコーチ』と呼ばれることもあります。
 
私はサッカーの現場で長きに渡って指導をしていく中で、どうすればケガをせず、ベストなパフォーマンスを発揮できるかについて考えてきました。サッカーの技術と同様、フィジカルやコンディショニングについても、ジュニア年代から正しい知識を身につけることが重要です。ジュニア期に成長の土台となる身体を作っておけば、成長するにつれてプレーの幅が広がり、選手としてより高いレベルへ到達することができると思います。
 
 
記事一覧 | NEXT >>
 
 

■ボールをうまく扱うために『自分の身体をどう動かすか』が上達の第一歩

私の指導者としてのスタートはジュニア年代でした。柏レイソルのアカデミーで10歳の年代を指導していました。「12歳前後は習得のゴールデンエイジ」と言われていますが、13歳以降、中学生や高校生の指導をすると、身体の動かし方など、ゴールデンエイジと呼ばれる年代の習得の速さを肌で感じます。それ以降の年代で同じ事を身につけさせようとしても、時間がかかるのです。ボール扱いの技術や身体の動かし方など、発達の要素をこの年代でしっかりと身につけておくと、土台がしっかりとできるので、高いレベルで伸びていきます。つまり、プレーの完成形、選手としての到達地点が変わってくるのです。
 
IMG_5662.JPG
 
10歳以下の子どもたちは動きの真似や、遊びの要素を入れると楽しんでやってくれます。あるとき、体操教室にラダーを持っていき、「どうやって使う?」と問いかけたことがありました。すると、子どもたちは両手を地面について進んで行くなど、いろんな動きを楽しみながらやっていました。「両手を地面に着く」など、サッカーにはない動きなので目からうろこが落ちる思いでした。
このように、楽しみながら身体の動きを身につけていくと、成長に応じて身体を思い通りに操れるようになります。低年齢時に動き方のキャパシティを広げておくと、次に他のことをやるときに、より速く適応できるようになるのです。サッカーはボールの扱い方にフォーカスされがちですが、そのために『自分の身体をどう動かすか』が、上達のための第一歩です。サッカーはボールを触っていない時間のほうがはるかに長いスポーツ。試合を決定するのは、ボールがないときの動きなのです。その大切さは理解されているはずなのに、走ること、方向を変えるときに、どう身体を使えばいいかなどの、原理原則があまり知られていないように感じます。
 
私はこの連載を通じて、よりよい選手になるための身体づくり、土台づくりについて紹介したいと思っています。どうぞ、宜しくお願い致します。
 
 
記事一覧 | NEXT >>
 
 
[PR] 谷コーチが監修した“誰でも足が速くなる”トレーニング『タニラダー』
 
ladder2.png
 
prof.jpg
谷真一郎(たにしんいちろう)//
愛知県立西春高校から筑波大学に進学し、蹴球部に在籍。在学中に日本代表へ招集される。同大学卒業後は柏レイソル(日立製作所本社サッカー部)へ入団し、1995年までプレー。 
引退後は柏レイソルの下部組織で指導を行いながら、筑波大学大学院にてコーチ学を専攻する。その後、フィジカルコーチとして、柏レイソル、ベガルタ仙台、横浜FCに所属し、2010年よりヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチを務める。 
『日本で唯一の代表キャップを持つフィジカルコーチ』(2012年9月現在)

今すぐできる!足が速くなる練習法
「5人の専門家が教える足が速くなるコツ」を無料配信!

サカイクに掲載された記事の中から、世界陸上メダリスト為末大さんをはじめ、5人のプロアスリートやトレーナーが教える足が速くなるコツをメルマガで配信!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

1
取材・文/鈴木智之 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

ジュニア年代の正しいフィジカル・コンディショニング論コンテンツ一覧へ(6件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. ジュニア年代の正しいフィジカル・コンディショニング論
  4. 【第1回】よりよいサッカー選手をめざすための正しい身体づくり、土台づくりとは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ