1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「宮城のため」にベガルタ仙台ジュニアの戦い(2/2)

東北の元気を届ける『仙台だより』

「宮城のため」にベガルタ仙台ジュニアの戦い(2/2)

2011年8月21日

キーワード:仙台だより全日本少年サッカー大会応援プロジェクト

sendai.jpg

第5通

■「宮城のため」に戦ったベガルタ仙台ジュニア

いよいよ決勝トーナメントへ

2011.8.21-1.png 2011.8.21-2.png

仙台だより第5回は「全日本少年サッカー大会決勝大会」に出場したベガルタ仙台ジュニアの戦いぶりをお伝えします。震災で春の練習に大きな影響が出たベガルタ仙台ジュニアでしたが、宮城県大会を勝ち抜き、この決勝大会では攻撃的サッカーで快進撃を見せ、過去最高の成績となるベスト8進出を達成しました。

■厳しい経験積んだ5年生が来年に繋げる

目標の一つであるベスト4まで、あと1勝となった準々決勝奈良県代表ディアブロッサ高田FC戦。この日も相手に先制を許しましたが、土川竜之介のゴールで同点に追い付き、1-1で前半を終えました。いつもの攻撃サッカーで反撃に転じたかったベガルタ仙台ジュニアでしたが、テクニシャン揃いのディアブロッサ高田FCは手強い相手でした。後半立て続けに3失点を喫し、1-4で敗戦。残念ながら目標としていたベスト4進出、その次の優勝は成し遂げることができませんでした。

悔しい思いをしましたが、6年生9名のみならず5年生7名が全員試合出場し、真剣勝負の場を味わえたことは大きな収穫でした。5年生で全試合先発出場を果たしたDF工藤蒼生選手は「相手には足が速い人もいて、フェイントが上手い人もいて、すごい人がいっぱいいると思いました。1対1の練習や正確なパスの練習をして、技術を上げていってまた全国のチームと戦いたいです。この大会を5年生で経験できて良かったです」と大会の感想を語りました。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

東北の元気を届ける『仙台だより』コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「宮城のため」にベガルタ仙台ジュニアの戦い(2/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ