1. サカイク
  2. 連載
  3. 汗の分だけ、成長できる
  4. 「男は一回やると言ったら続けなさい」その一言が嬉しかった!元日本代表FW播戸竜二

汗の分だけ、成長できる

「男は一回やると言ったら続けなさい」その一言が嬉しかった!元日本代表FW播戸竜二

2015年8月28日

キーワード:大宮アルディージャ水分補給

サッカー界の第一線で活躍する選手や監督、コーチから少年時代に汗をかいて努力した思い出や当時の経験から得たものについて語ってもらう連載企画『汗の分だけ、成長できる』。大宮アルディージャの播戸竜二選手に登場してもらった前回は、サッカーにのめり込んでいったきっかけや、水分補給にまつわる思い出などを話してもらいました。後編となる今回は、毎日の練習で大事に思っていることを中心に語ってもらいました。(取材・文 杜乃伍真 写真 平間 喬)
 
937A3259_600.jpg
 
<<前編:小学生から基礎を徹底して磨けば、もっといい選手になれた
 

■父親からもらったアドバイスがあるから、いまの自分がいる

――子どもの頃、ご両親はどんなスタンスで応援をしてくれていたのですか?
 
何も言わない両親でしたね。僕が中学を卒業するときに「サッカーでブラジルに行きたい」と言ったときは、むしろサポートしようとしてくれました。周りにいる友だちの親たちがすごく熱心にあれこれ言っているのを見て、そういうのもいいなあ、と思った時期もありましたけど、いま思えば何も言わないからこそ自分のペースでできて、自分で考えられるようになりました。ブラジルのことも、高校進学のことも、全部自分で決めさせてくれたので両親には感謝しています。
 
――ブラジルにサッカー留学する、というのは大きな決断だと思いますが、それも一人で決めたのですか?
 
そうですね。「俺は行きたいんだ」と伝えただけです。両親は最初こそ「え?」という反応でしたけど、でもすぐに「じゃあ銀行からお金を借りなあかんやん」という感じでした。ただ、高校に行っておいたほうがいいんじゃないの?という受け止め方でもあったので、最終的には自分で判断して、サッカーで高校サッカー選手権を目指すことに決めたんです。そういう両親のスタンスは僕にはよかったと思っています。サッカーをしながら友だち関係を作ったり、勝負事の大事なことを学んだり、子どもがやりたい方向に進んでいれば勝手に成長することもかなり多いと思うので、あまり親が入れ込み過ぎずに温かい目で見守ってあげるほうがいいのかなと思いますね。
 
――当時、ご両親にしてもらってうれしかったことはありますか?
 
小学校6年生の夏頃に「もうサッカーはいいかな」と思った時期があって、それを親に伝えたら、お母さんは「別にいいよ」と。でもお父さんはこのときばかりは「男は一回やると言ったら続けなさい」と言ったんです。「中学に入ったら何をしてもいいから、とにかく小学生のうちは最後までやり切りなさい」と言われて、それで思い直しました。その一言がなければサッカーを辞めていたし、もう一度サッカーに真剣に向き合おうと思えたんです。ちょうどそのあとのタイミングでJリーグ開幕の話が出てきたり、カズさんに魅了されたりする時期が来てサッカーにのめり込んでいったので、あのときの一言には本当に感謝していますね。
 
 

■試合に出られないということは、いつか出られるチャンスでもある

――では、これまでのサッカー人生で挫折はありましたか?
 
特にないですね。サッカーは楽しいからずっとやってきたし、それが今も継続しています。たとえば、試合に出られない時期などもたくさんあったけど、ぼくは元々エリート選手ではないし、プロ入りの経緯もエリートではなかったので、挫折でもなんでもなかったですね。ただサッカーが楽しいから続けてきた。その繰り返しですから。
 
――試合に出場できなくて苦しい思いをしている子どももいると思うのですが、播戸選手はそういう時期にどんな考え方をして乗り越えてきたのでしょう?
 
試合に出られないということは、逆に言えば、いつか出られるチャンスがあるわけじゃないですか。だから、試合に出られるまでの過程を楽しめばいいんです。試合に出場できないなら、なぜいま自分は試合に出られないのかを考える。同じポジションの出ている選手には何があるのか。そこで自分に足りないものがわかったら、もうちょっとできるようにする。そのできるようになるまでの過程が僕は結構好きなんですよね。
 
――そこを楽しめばいいんですね。
 
ライバルとの差を縮めることを楽しむ期間にすればいいんですよ。苦しいときに何ができるかがその人の価値だと思うんです。心が折れてしまうのは簡単だし、投げ出すのは簡単です。すべては自分次第。苦しいときにどれだけできるか。チームのためにどれだけできるか。そこで歯を食いしばれるのが本当の男だし、大事なことだと思うから、そういう強い男になりたいといつも思っています。
 
次ページ:「毎日をやり切る!」その積み重ねが人を成長させる
 

★これからの季節、熱中症対策にポカリがおススメの理由とは?
熱中症を防ぐための日常生活における注意事項>>
 
screen520x924.jpeg
Youtube再生回数2500万超の超絶リフティングテクニックが期間限定無料公開中!!>>
 
1  2
取材・文 杜乃伍真 写真 平間 喬

関連記事

関連記事一覧へ

汗の分だけ、成長できるコンテンツ一覧へ(13件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 汗の分だけ、成長できる
  4. 「男は一回やると言ったら続けなさい」その一言が嬉しかった!元日本代表FW播戸竜二

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ