1. サカイク
  2. 連載
  3. 「超弱いチームでも強くなるよ」と語る監督が実践した、選手がよく伸びる指導法
  4. 「個性を生かす」「特長を伸ばす」の真義<後編>

「超弱いチームでも強くなるよ」と語る監督が実践した、選手がよく伸びる指導法

2018年4月12日

「個性を生かす」「特長を伸ばす」の真義<後編>

キーワード:コーチングパクヨンウン個性を磨く大分高校指導指導者朴英雄特長監督

■ひとりひとりの個性を磨いて、咲かせることが指導者の役目

パスを禁止したケースもありますよ。最近はポゼッションサッカーが流行っているから、ボールを受けたら無条件にパスしようとする選手が多いんです。相手と同数なのにずっとパスを回していたら、永遠に同数のままですよ。ワンツーとかスイッチとかクロスオーバーとかウラを取るとかして相手の背後に進めばいいんだけど、相手がしっかり守っているエリアの中でボールを回しても、何も打開できない。パス数が多くなればなるほどミスする可能性も高くなる。

だから同数の状況を変えるために、打開するドリブルが必要になる。足技で惑わせて相手を置き去りにすれば、数的優位の状況がつくれる。

それに、パスだけで相手を崩すためには、パスを受ける人は二度と同じ場所で受けない。パスを出す人も二度と同じ場所に出さない。それくらいの意識が必要になる。それを組織で出来るようにするのはとても難しいから、そういう場合にはドリブルはある意味、手っ取り早い技術なんですよね。

みんな磨けばモノになる原石なんです。ひとりひとりの個性を磨いて、いままで満足にプレーできていなかった選手を「咲かせる」のが僕たち指導者の役目ですからね。

<次回に続く>

朴監督1.JPG

朴 英雄(パク・ヨンウン)
1960年6月12日韓国大邱(テグ)出身。韓国高校サッカー常備軍メンバー選出、嶺南大学体育教育学部卒。
1992年、大分市サッカー協会に招聘されて大分市トレセンチームを率い、第11回京都招待中学サッカー大会で優勝。翌年から大分高等学校サッカー部の指導に携わる。

1996年、第3回FBS杯高校サッカーチャンピオン大会で市立船橋高校を下し優勝。
全国高校サッカー選手権全国大会8回出場、うち2001年度大会ベスト8、2011年度大会3位。インターハイ全国大会出場8回。

韓国陸軍将校の経歴や独自のサッカー観と指導理念から「異色の監督」と呼ばれ、選手のポテンシャルを最大限に引き出すことに定評がある。
2016年11月、大分高校サッカー部監督を退任。


サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
記事提供:内外出版社、取材・写真:ひぐらしひなつ

関連記事

関連記事一覧へ

「超弱いチームでも強くなるよ」と語る監督が実践した、選手がよく伸びる指導法コンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 「超弱いチームでも強くなるよ」と語る監督が実践した、選手がよく伸びる指導法
  4. 「個性を生かす」「特長を伸ばす」の真義<後編>