1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016
  4. 攻撃時にも自分のマークする選手を見ておかなければいけない!バルサと日本チームの差はディフェンスにあった

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016

攻撃時にも自分のマークする選手を見ておかなければいけない!バルサと日本チームの差はディフェンスにあった

公開:2016年8月25日 更新:2020年3月24日

キーワード:FCバルセロナサッカーサービススクールジュニアサッカーワールドチャレンジディフェンス守備川崎フロンターレ

160825_06_s.jpg
イギリスの名門マンチェスターシティは、ガンバ大阪に勝ち、ヴァンフォーレ甲府と引き分けた
 

■バルサのさらなる進化に期待? 改善点は?

例年、シーズン人前のプレシーズンマッチとしてこの大会を戦うバルセロナは、大会が進むにつれてセルジ・ミラ監督の言う「バルサのやり方、コンセプトを実行する」と言う目標に近づいていき、プレーの完成度を上げて行きます。アルベルトコーチには、今大会中にバルサが改善すべき点、現時点で足りていない点をあえて聞いてみました。
 
アルベルトコーチが指摘したのは、攻撃で相手の陣内に入り込んだときに「サイドチェンジの回数が少なかった」こと。攻撃時に、ボールのあるサイドと同サイドでの攻撃に終始する場面が目立ったということでした。
 
「選手のポジショニングで“幅”は十分に確保できているので、実際にそこにボールを入れることで、相手の守備を広げて、攻めていけばもっとチャンスが作れるはずだ」
 
明日以降のワールドチャレンジはこんなプレーに注目して観戦するのもおもしろいかもしれません。
 

 

●おすすめ商品●

8歳~18歳までに身に付けるべき守備の原理原則

thinksoccer3_300x250_03.jpg

のべ7,000人以上の指導者が学んだ「知のサッカー」シリーズ。最新巻は日本サッカーの課題である「守備」をテーマに取り上げ、個人からポジション別まで、小学生から高校生の各年代で指導すべき守備戦術とそのトレーニング方法について解説。

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
前のページ 1  2
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
取材・文 大塚一樹 写真 新井賢一

関連記事

関連記事一覧へ

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016コンテンツ一覧へ(10件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016
  4. 攻撃時にも自分のマークする選手を見ておかなければいけない!バルサと日本チームの差はディフェンスにあった