1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. 【U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014】大会結果レポート2日目

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集

【U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014】大会結果レポート2日目

2014年8月29日

キーワード:コーチジュニアサッカーワールドチャレンジバルセロナ育成ACミラン

世界の強豪を迎えて行われるU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジは、大会二日目の今日、グループリーグ12試合を行い準々決勝に進出する8チームが出そろいました。
 
IMGP0312.jpg
取材・文・写真/大塚一樹
 

■大会2日目(8月29日)試合結果

 
[グル―プA]
FCバルセロナ 9-0 諏訪FCプライマリー
鹿島アントラーズジュニア 1-3 大宮アルディージャジュニア
 
[グループB]
アシオップ・アパチンティ(インドネシア) 0-1 レジスタFC
ヴァンフォーレ甲府U-12 1-2 名古屋グランパスU-12
 
[グループC]
柏レイソルU-12 3-0 横浜F・マリノスプライマリー
川崎フロンターレU-12 0-2 東京都U-12
柏レイソルU-12 2-1 東京都U-12
川崎フロンターレU-12 0-2 東京都U-12
 
[グループD]
ACミラン(イタリア) 2-1 セレッソ大阪U-12
東京ヴェルディジュニア 10-0 アランチャジョカーレ香我美
ACミラン(イタリア) 9-0 アランチャジョカーレ香我美
東京ヴェルディジュニア 2-2 セレッソ大阪U-12
 

■明日(8月30日)の対戦カード

 
[9:40~]
FCバルセロナ × レジスタFC
柏レイソルU-12 × ACミラン(イタリア)
 
[10:45~]
鹿島アントラーズジュニア × ヴァンフォーレ甲府U-12
川崎フロンターレU-12 × セレッソ大阪U-12
 
[11:45~]
名古屋グランパスU-12 × 大宮アルディージャジュニア
東京ヴェルディジュニア × 東京都U-12
 
[13:00~]
諏訪FCプライマリー × アシオップ・アパチンティ
横浜F・マリノスプライマリー × アランチャジョカーレ香我美
 
その後の順位決定戦の予定は、大会HPをご覧ください
 
 
 

■薄氷を踏む思いのミランが辛くもグループリーグ突破

IMGP0200.jpg
 
「敗戦後、ミーティングでは中盤の距離感についてしっかりと話しました」
 
昨日、東京ヴェルディジュアに1対4で敗れたACミランは、日本での初戦に敗れたことを糧に奮起します。
 
「私自身、日本のチームのサッカーに対する考え方に、とてもいい印象を受けました」
 
ミランを率いるルカ・モリン監督はバカンス空けの選手たちのコンディションを差し引いても十分に称賛に値すると、東京ヴェルディの展開したパスサッカーがイタリアの名門クラブの選手たちに火をつけたことを認めました。
 
この日ミランと対戦したのは全少を制したセレッソ大阪。試合開始と同時にセレッソボールを奪いにいく赤と黒のユニフォームに身を包んだ選手たちの顔つきは、昨日とは明らかに違いました。
 
ラインを高く保ち、パスを中心にゲームを構成するセレッソに対して、長身FWの9.オリバー・ママディ・コウロウマ、11.アマヌエル・アサベサニが積極的に裏を狙います。
 
「あの個人の身体能力、スピードは驚異的でしたね」
 
セレッソの大谷武文監督はミランの強烈な2トップにバルセロナとは別の“世界”を感じたと言います。
 
「結果的には速さで2失点したわけですが、口でいくら『速いよ』と言ってもやはり伝わりません。あの速さを体感できたのはとてもいい経験になったはずです。ラインを下げてスペースを消すやり方もあったのですが、この大会でそれをやっても仕方がないと思いました」
 
大谷監督は11.アサベサニに奪われた2失点をこう振り返ります。
 
ミランの9.コウロウマは2003年生まれの選手ですが、ピッチのどこにいてもその姿を認識できるほどのサイズとスピード、身体の強さを持っています。トップチームに所属していたバロテッリを彷彿とさせるこの選手が、ミランの先制点に声を上げて喜びを表現していました。
 
初戦では前線で孤立し、ほとんど仕事ができずに敗戦しただけに、悔しさは人一倍だったはずです。昨日のミランの選手たちはさすがに落ち込んだ様子だったそうです。
 
「イタリアではこの年代までは個をクローズアップして教えています。組織やポゼッションはまだこれから。そういう意味では日本の選手たちの方が進んでいる面もあるかもしれません」
 
ミランのモリン監督はセレッソに快勝した後の会見でこうコメントしています。パスワークとボールポゼッションで圧倒するバルセロナとはある意味で対照的なミランですが、規格外の身体能力も“世界”には違いありません。
 
グループ最終戦では得失点差で勝ち抜けの可能性もあったため、大量得点を狙ったミランでしたが、結果的に東京ヴェルディジュニアがセレッソ大阪U-12と引き分けたため、
2位での通過が決まりました。
 
 
1  2
取材・文・写真/大塚一樹

関連記事

関連記事一覧へ

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. 【U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014】大会結果レポート2日目

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ