1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. バルサと戦う! 大宮アルディージャのチャレンジする姿勢

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集

バルサと戦う! 大宮アルディージャのチャレンジする姿勢

2014年8月27日

キーワード:ジュニアサッカーワールドチャレンジバルセロナ大宮アルディージャ守備指導

いよいよ明日に開幕を控えたU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ。今日は初日でFCバルセロナと対戦する大宮アルディージャジュニアの丹野友輔監督に同グループとなったバルセロナ、そして世界との戦いについてお話をお聞きしました。
 
「バルサ(バルセロナ)には勝ちに行こう」
 
大宮アルディージャジュニアの丹野監督は、グループリーグでバルセロナと対戦することが決まった際に選手たちにこう話したそうです。
 
「勝つためにバルサ対策をするとか、特別なやり方をすると言うことではなく、自分たちが普段やっていることがどれだけ通用するか? そこにチャレンジしてみようと選手に話しました」
 
昨年の第1回大会では、バルセロナとの対戦はなし。リヴァプールとはエキシビジョンで対戦はしましたが「相手がどこまで本気だったかわからない」(丹野監督)という試合でした。
 
tanno.jpg
取材・文・写真/大塚一樹

■負けてはいけない部分。バルサ監督からの指摘

「バルサの試合は何試合か観ましたが、個人の技術、戦術、グループ戦術がしっかりしていて、対戦した指導者が口々に言っていた『サッカーをよく知っている』ということに尽きると思います」
  
丹野監督は、12歳以下の選手たちで構成されたバルセロナのサッカーを観て「バルサというクラブの哲学を持った大人のサッカーをしている」と感じたそうです。
 
「自分たちのプレースタイル、大宮アルディージャアカデミーの哲学を受け継ぐという点では、私たちのクラブにも共通する部分があります」
 
ボールを支配して試合を優位に進める。奪われたときの切り替えの速さとボールを奪いに行く姿勢はまさにアルディージャが目指すサッカー。
 
「昨年はほかのチームの指導者や発言や子ども対への接し方、ウォーミングアップなどもとても勉強になりました。自分たちが目指していた部分、具体的にはボールを奪いに行く守備の部分で『そこが一番足りていないのでは?』と指摘されてハッとするところもありました」
 
昨年、バルセロナのマルセロ・サンス・ナバーロ監督は日本の選手たちの技術の高さを賞賛したあと、守備に移った際の切り替え、球際の激しさ、ボールの奪い方に向上の余地があると指摘しました。
 
「守備の連動性や組織、規律の部分は日本人が優れている部分でもあるので、そこで負けていてはいけないなと改めて思いました」

1  2
取材・文・写真/大塚一樹

関連記事

関連記事一覧へ

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. バルサと戦う! 大宮アルディージャのチャレンジする姿勢

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ