1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】出身Jリーガーは!? 歴史を学ぼう

全日本少年サッカー大会

【全日本少年サッカー大会】出身Jリーガーは!? 歴史を学ぼう

2011年8月 1日

キーワード:ルール全日本少年サッカー大会夏休み

■第1回大会優勝は、清水FC&与野下落合

2011年8月2日(火)~8月6日(土)にかけて開催される、第35回全日本少年サッカー大会。この大会は1977年に創設され、今年で35回目を迎える、歴史ある大会です。日本にサッカーが、今ほど根付いていない時期に誕生し、日本サッカーの発展に大きく寄与してきました。このコラムでは「全日本少年サッカー大会」の歴史について、振り返ってみたいと思います。

過去34回大会の優勝チームを見ていくと、時代の流れとともに、勢力図が変わっていくのが分かります。記念すべき第1回大会に優勝したのが、静岡県の清水FCと埼玉県の与野下落合(両チーム優勝)でした。この両県はいまでも「サッカー処」として、Jリーグや日本代表に、多くの選手を送り出しています。

ちなみに、清水FCの優勝回数は最多の8回。1977年、78、82、83、85、86、87、92年と優勝を果たし、1985年~87年のあいだに3連覇を達成しています。かつて、「少年サッカーの強豪といえば清水FC」といわれていましたが、この戦績を見ると納得ですね。

■FC浦和出身、山田直輝選手は2002年大会で活躍!

静岡には1993、98、2002年に優勝した浜松JFCもあり、サッカー処のすごさを全国に知らしめています。現在、ジュビロ磐田の10番を背負い、ブレイク中の山田大記選手も、浜松JFCの一員として、全日本少年サッカー大会に出場しています。

清水FCに次ぐ優勝回数を誇るのが、埼玉県のFC浦和です。1985年、89、2002、08と、4度の優勝を誇っています。02年の優勝メンバーには、浦和レッズの山田直輝選手がいました。

1993年にJリーグが開幕し、各クラブは下部組織(アカデミー)の保有を義務付けられました。ジュニアのカテゴリーを所有しないクラブもありますが、東京ヴェルディのように育成に力を入れ、優秀な選手をトップに送り出すクラブが、全日本少年サッカー大会でも存在感を発揮し始めます。

Jリーグのアカデミー(下部組織)が初めて優勝したのは、1995年。柏レイソルのジュニアチームでした。以降、97年に再びレイソルが、99年には東京ヴェルディジュニアが優勝を収めています。99年のヴェルディジュニアには、セリエAのノバーラに所属する、森本貴幸選手がいました。

■Jリーグクラブと街クラブ

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

全日本少年サッカー大会コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】出身Jリーガーは!? 歴史を学ぼう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ