1. サカイク
  2. サカイクイベント
  3. タニラダー講習会
  4. 【5月度募集終了:タニラダーパーソナル】1対1で負けないスピードを手に入れよう!

タニラダー講習会

【5月度募集終了:タニラダーパーソナル】1対1で負けないスピードを手に入れよう!

公開:2020年4月27日 更新:2020年5月 8日

キーワード:スピードアップタニラダーパーソナルヴァンフォーレ甲府宅トレ谷真一郎

1対1で負けないスピードを手に入れよう!
タニラダーパーソナルトレーニング
5月受講者定員に達したため募集終了しました。
6月度の募集までお待ちください。


ご満足いただけない場合は、全額ご返金いたします。

Jリーグで20年間プロコーチとして活動してきた谷真一郎コーチによるパーソナルトレーニング
※タニラダーを所有していなくても受講できます。


谷 真一郎コーチ(ヴァンフォーレ甲府・フィットネスダイレクター)

tani_photo.jpg

<経歴>
筑波大学在学中に日本代表へ招集。現役選手引退後は、フィジカルコーチとして、柏レイソル、ベガルタ仙台、横浜FCに所属し、2010年~2019年までヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチを務める。
【取得資格】
筑波大学大学院コーチ学修士
日本サッカー協会認定A級ライセンス
AFCフィットネスコーチ レベル2
日本サッカー協会認定キッズリーダー

1人1人を丁寧に見るため1ヶ月につき10名までとさせていただきます。


サッカーの試合の中で99%を占めるのがオフザボールの動き。
足元の技術だけでなく、試合で活躍するためにオフザボールでの効率的な動き方や体の使い方の習得とボールがある局面での体の使い方が大切です。
チーム活動が再開した時に「走り方が変わった!」「1対1が強くなった!」「守備が粘り強い!」と言われるくらいの変化を体験してみませんか?

こんなお悩みを抱えている方にオススメです。

□身体が小さくて1対1のスピードに負けてしまう
□身体が小さくて1対1の勝負に負けてしまう
□走るスピードは速いけど1対1になると簡単に抜かれてしまう、対人プレーが苦手
□スピードが課題でレギュラーになれない
□相手のドリブルの揺さぶりについていけない。
□守備は苦手。


mokuji_06.jpg

□身体が小さくて1対1のスピードに負けてしまう
身体が小さくても「動きの技術」を上げて、コース取りがうまくできるようになれば、スピードのある相手にも簡単に負けなくなります。

□身体が小さくて1対1の対人プレーに負けてしまう
アジリティを鍛え、体の使い方を覚えることで1対1のフィジカル勝負になっても勝つことが出来ます。むしろ、身体が小さいほど、下からコンタクトできるので有利になります。「小さいから不利」と思ってプレーしているのと、技術を身につけて、「小さいから有利」と思ってプレーするのでは、世界が全く変わってきます。

□走るスピードは速いけど1対1になると簡単に抜かれてしまう
「走るスピード」と「ターンの技術」は別物。速く走れる能力を持っているので、ターンもトレーニングすることによって素早くなります。「素早いターン」と「ターンの後の身体の使い方」を覚えることで、1対1で簡単に抜かれなくなるだけでなく、相手からボールを奪えるようになってきます。
パーソナルトレー二ングでは、どこに課題を抱えているのかが明確になるので、改善が効率的に進んでいきます。

□スピードが課題でレギュラーになれない
スピードが課題になっている選手のほとんどが「スピードを落としてしまう動き」をしています。パーソナルトレーニングでは、ランニングとアジリティの動画を分析して、個々に抱えている「スピードを落としてしまう動き」を明確にします。そしてその課題を改善するためのトレーニングを指導していきます。個々の状態に合わせて進めていくので、非常に効率的です。

mokuji_07.jpg

use_team.png

タニラダーは累計20,000本以上販売、タニラダー講習会は延べ6000人以上が参加しています。

プロチームが導入するメソッドをマンツーマンで指導を受けるチャンス!

mokuji_01.jpg

【1】現状把握
面談前に20m走とサイドステップや前後ターンを入れた20m走の動画を撮影して頂きます。


【2】動画分析

動画を元にスピードを落としている原因を分析し改善ポイントを明確にします。

●ポイント「遠方でも専門のプロコーチがマンツーマン指導」
普段、講習会に参加が出来ないという地方の方も谷コーチのマンツーマン指導を受ける事が出来ます。
オンラインでは、山梨県にいる谷コーチと宮崎県に住む選手でも距離感1mのマンツーマン指導体験。
資料を用いながら視覚的にもプロのコーチによる明確なフィードバックを得る事が出来ます。


【3】面談(1回目)...120分

スピードを上げるポイントについて座学で説明します(45分)
パーソナル対象者の改善ポイントを説明し、改善のためのトレーニングを行います(60分)
トレーニング課題と質疑応答(15分)

●ポイント 「自宅で受講できる」
新型ウィルスが不安な情勢ですが、オンラインだから自宅でパーソナルトレーニングが受講可能。
1日5分で出来る自宅トレーニングの宿題をお渡しします。


【4】課題トレーニング、現状把握

宿題の内容やトレーニング法の動画をコミュニケーションアプリを使用して共有します。
1~2週間、課したトレーニングを各自実践して頂きます。
面談前に再度【1】の動画を撮影して頂きます。

●ポイント「親子で受講可能」
パーソナルトレーニングを親子で受講することが出来ます。パーソナルトレーニング課程修了後、
お子さまの走り方を見て具体的なアドバイスが出来るようになります。


【5】動画分析

動画を元に面談前の映像からの変化、まだ課題となるポイントを明確にします。


【6】面談(2回目)...90分

トレーニング前との変化を画像と映像を用いながら説明します(30分)
課題として残っているポイントを説明します(15分)
課題ポイントのトレーニングを行います(30分)
今後のトレーニング法の説明、質疑応答(15分)

●ポイント「振り返りよう動画」配信
パーソナルトレーニングの内容は後日Youtubeにアップいたしますので、
課題の確認や改善ポイントの確認が振り返ることが出来ます。


tani_01.jpg

実施してみて感じたことは、画面を通していますが、目の前でトレーニングをしている感覚で進めていくことができるということです。

パーソナルトレーニングでは、一人一人の習得速度に合わせて進めていくことができるので、非常に有効なトレーニングを行うことができます。

パーソナルトレーニングの様子



パーソナルトレーニングの様子とトレーニング終えての感想



mokuji_03.jpg

パーソナルトレーニング事例
ba01.jpg

■軸の変化
トレーニング前は、腕の振りが斜めになっていたことで、上半身が左右に揺れて体幹部が回旋しながら走ること、時間ロスが生まれていました。トレーニング後は、腕の振りも前後になり上半身が左右の揺れ、体幹部が回旋することなく時間ロスが無くなりました。


ba02.jpg

■膝の上がり方の変化
トレーニング前は膝の上がり方が45度程度、着地した足を後ろの蹴り上げて時間ロスをしていました。トレーニング後は膝が約80度まで上がるようになり、地面反発を使って走ることが出来るようになり着地した足を後ろに蹴り上げることが無くなりました。


tani_01.jpg

ドリブルやコントロール、キックといった技術と同じように、ランニングもアジリティも技術です。技術はトレーニングすることによって向上します。ただし、ランニング・フォームや方向変換時の動きは、一人一人違った課題を抱えていることが多いので、その個人差に合わせたトレーニングが必要になってきます。それを可能にするのが『パーソナル・トレーニング』なのです。個々の課題を明確にし、現状に合わせてトレーニングすることにより、技術は飛躍的に向上します。
是非、今よりもスピードアップした世界を感じてもらいたいです。

mokuji_02.jpg

パーソナルトレーニングを受けた方の感想です。(随時更新)

Y.A君(関東)
普段の講習会では息子がうまくできているか不安なまま次に進んでいた部分もあったのですが、パーソナルだとその辺の不安を感じず、しっかり見てもらえるので良かった。息子ができている点と、課題があるという点をはっきり説明してもらえて、その課題をクリアするのに何を意識すればいいのかまで教えていただけたので、有り難かった。

H.Y君(九州)

谷さんが、ぼくの走り方を見て改善点を教えて下さりました。そのおかげで体が軽くなりました。この、オンラインをもっと回数を増やして欲しいです。谷さんの指導がわかりやすく丁寧にご指導してくれたので簡単にトレーニングができました。

タニラダーは、2年ほど前に購入し、DVDを観ながらトレーニングをやっていました。1年に1回ほど福岡市などの他県にタニラダー講習会を受講しに行ってました。もっと早く試合で使える動きを身に付けたく、細かい身体の動かし方を突き詰めたく、谷コーチに直接見てもらいたく、また、コロナ関連で県外へ出るのもはばかられるため、オンライン受講を決めました。
実際、なんとなく見よう見真似で、やっていた動きの理屈を考えてトレーニングするようになったようで、見違えるほどゲームでの動きが良くなりました。最近は中学生と一緒にトレーニングしていますが、特にディフェンス時の揺さぶりについて行けるようになっています。攻撃時も縦への速さに磨きがかかり、本人も自信がついたようです。また受講をしたいようなので、よろしくお願いします。

K.T君(関東)
指摘いただいていた点は以前から修正したいと考えていた所と、その他全く気にしていなかった所と何点かありました。その指摘された修正点に関して、問題点がなんなのか、修正のトレーニング方法をフィードバックでご教授いただきました。
その上で、一番大きかったのは、何故問題なのかを事前に送った動画を元に本人とのミーティングでマンツーマンで、動きを確認、直接指摘、指導いただいた上で本人が理解し、講習後のトレーニングに取り組めた事だと考えます。
講習会ですとどうしても多人数に対してコーチが数人といった形が多く、細かいの指摘までは難しいですが、ウェブ上ですが、マンツーマンで行えたことで本人の理解のスピードに合わせて指導いただき、また動作の細かい修正を谷さんの動きを細かく見せて頂き、また本人の動きを見て修正頂きながらは非常に役にたちました。それをトレーニングする2週間後に再度行えたことで、本人も変化を実感して、今後のトレーニングに向けて非常にモチベーションが上がったことも大きなメリットだと考えています。また距離や場所の制約なく、行えることは働く親にとってはかなり助かりました。また8畳程度のスペースでの屋内でのトレーニングでした。


mokuji_04.jpg

tani_01.jpg

動きを改善していくためには、マンツーマンで実施するのが1番効果的だと思っていましたが、オンラインでライブ感を味わいながら進めていけることに、驚きと喜びを感じています。是非、1人でも多くの選手達や御父兄の方々に、この『オンライン・パーソナル・トレーニング』の効果を体感してもらいたいと思っています。

1ヶ月:限定10名となりますのでお申込はお早めに

パーソナルトレーニングプラン
<定員>5月限定10名
<費用>45,000円
<対象>小学校4年生以上
※中学生以上のトレーニングも承っております。
<内容>映像分析、改善ポイント面談・トレーニング2回、改善プログラム動画の配信

ご満足いただけない場合は、全額ご返金いたします。


★お申込・面談方法★
1.ご希望のコースをご選択いただきフォームからお申込下さい。
2.ご入金を確認後、コミュニケーションアプリ「BAND」を用いてグループを作成します。
3.グループ内で動画、資料の共有や日程調整を行っていきます。
4.面談前に「zoom」のアプリケーションのダウンロードをお願い致します。
5.面談時間になりましたらミーティング用リンクをクリックしていただき面談となります。

★タニラダーパーソナルに申しこむ★
■お申込みに際して
ドメイン指定や迷惑メール設定により、自動配信のメールが届かないというお問い合わせを数多く頂いております。
ドメイン指定や迷惑メール設定をされている方は「info@sakaiku.jp」からのメールを受信できるよう設定してからお申し込みください。
※自動返信のメールが届かない場合は事務局までご連絡ください。

フォームよりお申込ください。
>>お申込フォームはコチラ


★タニラダーパーソナル新規募集案内

タニラダーパーソナルトレーニングの新規募集のお知らせご希望の方は下記フォームにご登録ください。
告知前に優先的にご案内致します。

学年




★お問い合わせ先★

タニラダー講習会事務局
Mail:info@sakaiku.jp

【新型コロナウイルス対策について】
新型コロナウイルス感染防止対策として在宅勤務を実施しております。そのため電話での対応は致しかねますので何卒ご了承ください。
お問い合わせなどございましたら、「info@sakaiku.jp」までご連絡ください。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

1
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

タニラダー講習会コンテンツ一覧へ(56件)

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクイベント
  3. タニラダー講習会
  4. 【5月度募集終了:タニラダーパーソナル】1対1で負けないスピードを手に入れよう!