1. トップ
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 「失敗したらどうしよう」試合で緊張する子必見、不安でドキドキしても"いつもの力"を出す方法
サカイクまとめ
サカイクまとめ

「失敗したらどうしよう」試合で緊張する子必見、不安でドキドキしても"いつもの力"を出す方法

サカイクまとめキーワード:メンタルトレーナールーティーン不安中村憲剛緊張試合前

ちょっとしたことで緊張を小さくすることができる!

試合になると緊張して動きが固くなる、いつもの力を出せたらもっと活躍できるのに......。

ふだんは楽しくサッカーの練習をしている子どもたちも、試合会場に行くと普段の練習とは違う場所、空気感で緊張してしまうものですよね。

大人だって大事な会議やプレゼンの前は不安になったりドキドキするのですから、子どもだって同じことです。

でも、ほんの少しの工夫で緊張をコンパクトにして、良い状態で試合に臨むことができるのです。

緊張で楽しめなかった...となってしまう前に。
お父さんお母さん、指導者の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

緊張は人間がサルだったころの名残!? 小学生でもトレーニングで緊張を小さくできる方法

matome_1101_01.jpg

プロ野球チームをはじめ、トップアスリートから会社経営者・教育現場でこれまでのべ5,600人以上を見てきたメンタルトレーナー・石津貴代さんは、「緊張はコントロールできる」と言います。

親御さんも簡単にできる、子どもたちの緊張を軽くする声かけ、

石津さんが小学生のチームに実践している「おサルスイッチ」とは?

この記事を読む

大事な試合で緊張しなくなる? 自分だけの「ルーティーン」を作ろう!

matome_1101_02.jpg

中村憲剛選手が読者の質問に答える「KENGOアカデミー」で、「ルーティーン」についてお話をしていただきました。

中村選手にとってルーティーンとは「お守り」のようなものだと言います。

実際にどんなルーティーンをしているか教えてくれたので、参考にして自分の心が落ち着く方法を見つけてみましょう。

この記事を読む

周りを「見ろ」より「眺めろ」。身体の緊張をとる言葉選びとは

matome_1101_03.jpg

良かれと思って掛けた声が、子どもの身体に緊張を生みパフォーマンスを低下させてしまった、そんな経験を持つ読者も少なくないのではないでしょうか。

言葉一つで緊張感が伝わってしまうもの。

いつも通りの力をだせるように、どんな声かけをすればよいのか、ご覧ください。

この記事を読む

コメント

  1. トップ
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 「失敗したらどうしよう」試合で緊張する子必見、不安でドキドキしても"いつもの力"を出す方法