1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 女子の指導にはコツがある? サッカー少女を育てる記事7選
サカイクまとめ
サカイクまとめ

女子の指導にはコツがある? サッカー少女を育てる記事7選

サカイクまとめキーワード:なでしこJAPAN女子サッカー成長日テレ・ベレーザ望月聡監督

サッカー少女の親は必見!

 
なでしこJAPANのW杯などでの活躍もあり、わたしたち親世代が子どものころと比べると、サッカーをプレーする女子は格段に増えています。
 
そこで今回は"サッカー少女の育て方"にクローズアップした記事を集めました。
 
なでしこJAPANの元ヘッドコーチ望月聡さんの指導論をはじめ、女子に多いけがの予防法や生理のリスクなど、サッカー少女がこれから成長していく過程で必要な情報ばかりですので、ぜひご一読ください。
 

選手の意思を尊重し、そして見守る。なでしこヘッドコーチ望月聡さんの育てる秘訣とは?

jyoshi_01.jpg
 
なでしこJAPANの女子W杯優勝、オリンピックでの銀メダル獲得にヘッドコーチとして貢献した望月聡さん。代表の活動がない普段は、本業であるびわこ成蹊スポーツ大学の監督として指導を行っています。びわこ成蹊スポーツ大学は2003年に設立された新しい大学のため、他校に比べ優秀な選手はなかなか採れません。また、なでしこJAPANに帯同することも多く、指導に多くの時間は割けませんが、それでも今年、2度目の全国大会に出場するなどチーム力は着実に上昇しています。

この記事を読む

家庭で実践したい! 女子に多いけが予防

jyoshi_02.jpg
女子選手は前十字靭帯断裂などのケガが男子に比べて多い――。
 
指導の現場ではよく耳にする言葉です。これは育成年代だけではなく、なでしこリーグのなどのトップレベルにおいても同様です。なぜなのでしょうか?
 
今回、この疑問に答えて下さるのはフィジカルトレーナーの荻原孝俊さん。荻原さんはアメリカンフットボールやジャパンサッカーカレッジなどで長年指導を努めてきた方です。また、昨年のインターハイでは、女子サッカーで優勝した日ノ本学園のコンディショニングコーチを努め、タイトル獲得に大きく貢献されています。

この記事を読む

女だからってなめるな!未来のなでしこを育む負けん気のつくり方

jyoshi_03.jpg
「なんで女なのにサッカーしてるの?」
 
去年まで日テレ・ベレーザでプレーしていた元なでしこジャパンの小林弥生さんが、小学生のころ所属していたサッカー少年団の男の子たちから言われたひと言です。少年団に所属するサッカー少女たちのなかには、似たような経験を持つ子もいるでしょう。小林弥生さんは当時の気持ちをこう振り返ります。
 
「"女だからってなめるな!"と思ってプレーしていました。男の子にはもぜったいに負けたくなかった」

この記事を読む

あなたの認識不足が招く!女子アスリートが抱える生理のリスク

jyoshi_04.jpg
スフィーダ世田谷で唯一の女性スタッフとなる千葉マネージャーは、選手の生理情報の管理を一手に担う存在です。選手から送られてくる生理開始日と終了日、個人面談で得た体調の変化をエクセルデータにまとめ、川邊健一監督が必要なときに伝えます。

この記事を読む

無理な押し付けは逆効果!女子には女子特有の指導が必要

jyoshi_05.jpg
2011年になでしこジャパンがFIFA女子ワールドカップで優勝したのを機に広がりを見せる女子サッカー人気。いまでは多くの女子小学生がサッカーに取り組み、次世代の代表入りを目指しています。一方で、女子のみのチームはまだまだ少なく、男子チームに混ざってプレーする選手も多くいます。指導法も男子と同じというケースも多く見られますが、ジュニア年代の女子選手だからこそ気をつけなければならない指導ポイントもあるのではないでしょうか?
 
そこで、今回はなでしこチャレンジリーグに所属するアンジュヴィオレ広島のU-12でコーチを務める柴村和樹さんにこの年代の女子選手を教える際のポイントをお聞きしました。

この記事を読む

波のない安定したプレーを常に意識している――岩清水梓(日テレ・ベレーザ)

jyoshi_06.jpg
「ヘディング練習をよくしていましたね。寺谷監督にヒントをいただきながら、練習が終わった後も繰り返し個人的に練習を行っていました。そこは"差"を埋めるというわけではありませんが、みんなと対等に戦うために必要なことだと考えていたので。また、自分よりうまいと思う選手たちを相手にディフェンスをするわけですから、とにかくガムシャラにプレーするしかない、それが今にもつながっているのかもしれません」

この記事を読む

わたしのママは勝利の女神!あなたがお子さんのサッカーを観にいくべきたったひとつの理由

jyoshi07.jpg
「わたしのお母さんは、普段は仕事が忙しくて試合を観に来られない。けど、お母さんが観に来てくれたときは2回とも勝った」
 
筆者が指導するサッカーチームに所属する、とある少女が自慢気にみんなの前でこう話しました。彼女の言葉から、選手たちはお父さんお母さんが見守ってくれていることを、すごく意識しているのだということが伝わってきました。

この記事を読む

 

●おすすめ商品●

なでしこJAPANの元ヘッドコーチが教える指導法

biwako_banner320x250_01.jpgg

頭と体をフルに使わせるトレーニングメニューと、選手自らが考えるように導くコーチング。なでしこJAPANのW杯制覇に貢献したコーチの指導メソッドを凝縮したDVD2枚組。

望月聡のインテリジェンスを育てるトレーニング>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. 女子の指導にはコツがある? サッカー少女を育てる記事7選

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ