1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. サッカーの歴史を学びに、日本サッカーミュージアムへ行こう!!

身近な話題

サッカーの歴史を学びに、日本サッカーミュージアムへ行こう!!

2011年7月28日

キーワード:夏休み

子どもが興味を持って作業できる自由研究のテーマとして "サッカーの歴史"はいかがですか。東京・御茶ノ水にある日本サッカーミュージアムなら、楽しみながらサッカーの歴史について学べます。

<<この記事を最初から読む

■日本サッカーミュージアムへ行こう!! 

11-07-28-1.jpg 11-07-28-2.jpg

JRや東京メトロ御茶ノ水駅から、サッカー通りを通って約6分のところに、日本サッカーミュージアムはあります。このミュージアムは、アジア初、FIFA史上初、日本と韓国の共同開催となった2002年FIFAワールドカップを記念して作られたもの。日本サッカー協会の建物の中にあります。

1階と地下1階の部分は無料で楽しめるエリアになっていて、2002年のワールドカップの様子がヴァーチャルスタジアムで見られたり、日本代表グッズを販売するショップなどもあります。2002年の大会時に代表チームが宿舎で遊んでいたものと同タイプの、フーズボールも設置されていて、子どもから大人まで多くの来館者が楽しんでいます。

ミュージアムの展示のメインは、地下2階にある有料フロアに集っています。2002年大会に参加した国のユニフォームや、日本選手たちのグッズなど、興味深い展示がたっぷり。150インチの大スクリーンで見る3D映像は迫力満点です。

11-07-28-3.jpg 11-07-28-4.jpg

1  2
取材・文/kilohana 前田陽子 写真/与儀達久

関連記事

関連記事一覧へ

身近な話題コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. サッカーの歴史を学びに、日本サッカーミュージアムへ行こう!!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ