1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. 女性スポーツライター、カメラマンに聞く日焼け対策!

身近な話題

女性スポーツライター、カメラマンに聞く日焼け対策!

2011年6月17日

P1210486.JPG

5月の日曜日、全日本少年サッカー大会の東京都中央大会にお邪魔してきました。会場には頑張る子どもたちに声援を送るために、大勢の保護者の方が応援に来ていました。そこで見たママたちの応援スタイルは...

■ママたちの応援スタイル

  • キャンプ用のタープ(ワンタッチテント)で日陰を作り、試合以外の時間帯はタープの中で過ごす
  • 目深に帽子をかぶり、顔をカバー
  • サンバイザーをつけ、直射日光をカバー
  • 日傘をさして、会場内を歩いたり応援したり
  • サングラスをかけて、目を守る
  • ロング手袋で腕をすっぽり包み隠す
  • ショールを首に巻いて、首筋を守る
  • 暑くても長袖・長ズボンで
  • UVカット効果のある上着を常に携行


という人たちが多く見られました。 もちろんみなさん日焼け止めはバッチリ塗っていらっしゃったと思います。でも、まだまだ夏はこれからが本番。子どもの応援に力を注げる、効果的な日焼け対策について考えてみましょう。

 

■女性スポーツライター、カメラマンの日焼け対策

夏場の女性の悩みのひとつ、日焼け。"いっそのこと焼いてしまえ~"という人もいるかもしれませんが、やはり美のためにも日焼け対策はしたいもの。 ということで、常に屋外で働いている女性スポーツライター、女性カメラマンの方々に効果的な日焼け対策について教えてもらいました。日焼け前はもちろん、日焼け後の対策も大切だそうですよ。

<日焼け防止に>

  • 家を出る前にSPF50 PA+++ の日焼け止めを全身に塗ります。顔用はラメ入りだとキレイですよ。さらに、スプレー式の日焼け止めを持ち歩き、コマメに塗り直しをします。汗をかいたらすぐに塗り直すのがポイント
  • 汗を拭くときもUV効果のある汗ふきシートを利用します
  • バッグなど、黒いものは持ち歩かないようにしています
  • 髪の毛もUVスプレーでガード。1日中屋外にいると、髪の分け目も日に焼けます
  • リップクリームをコマメに塗って、唇も日焼けから守ります
  • 目が日に焼けると聞くので、UV効果のある目薬を使っています


※胸元、足の甲、耳の後ろなどはUVケアを怠りがちなので、細部にまでしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。頭皮も日焼けすることをお忘れなく

1  2  3
取材・文/kilohana 前田陽子

身近な話題コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. 女性スポーツライター、カメラマンに聞く日焼け対策!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ