1. サカイク
  2. データ
  3. アンケート
  4. 子どもの雄姿を自らの手で収めたい!今どきのサッカー保護者「カメラ撮影」事情

アンケート

子どもの雄姿を自らの手で収めたい!今どきのサッカー保護者「カメラ撮影」事情

2012年11月15日

キーワード:写真

IMG_6393_600.jpg
 
少年・少女サッカーの試合会場で、今や多くの保護者の方がハンディカムやデジタルカメラで撮影しながら応援している光景は当たり前になっていますね。家族の思い出として記録するだけでなく、最近はもっとほかの理由で撮影をしている保護者の方も多いのだとか。そこでサカイクでは、全国のサッカーチームのお父さん・お母さんに、「カメラ撮影について」をリサーチしました。
 
 

■お子様の熱心なプレーシーンを残すために、ビデオも写真も必需品?

アンケートの結果を見ると、ビデオも写真も撮影するという回答が3割以上を占めました。動画と静止画の両方で記録を残すというのは大変な作業だと思いますが、お父様とお母様で役割分担してお子様を撮影するといった保護者の方も多いのではないでしょうか。続いてビデオのみ撮影、写真のみ撮影という順の回答となっています。これは片方が応援に集中し、もう一方は撮影というパターンでもあるかと思います。どちらもやらないという意見もありますが、フレームや画面を通して見るよりも、しっかり目に焼き付けておきたいという事かも知れませんね。
 
【お子様のサッカーの試合を、ビデオや写真に撮影されたりしますか?】
satuei.jpg
<<回答項目>>
  • ビデオも写真も撮影する
  • ビデオのみ撮影する
  • 写真のみ撮影する
  • どちらもやらない
 
<<回答数値、回答の多かった順>>
  1. ビデオも写真も撮影する ⇒ 70名 36%
  2. ビデオのみ撮影する ⇒ 51名 26%
  3. 写真のみ撮影する ⇒ 38名 19%
  4. どちらもやらない ⇒ 31名  16%
 

■思い出だけでは終わらせない、指導者でなくても戦術分析に活用!?

撮影の目的をお聞きしたところ、やはり家族の思い出として残すという回答が7割以上を占めました。また、子どもとの反省会に使うといった意見も半数以上あり、保護者の方々の熱心さが伺えます。意外だったのが、チームや相手チームの分析に使用するという、まるでプロのスカウティングのような活用をされている回答も多かったことです。指導者や保護者兼指導者といった方も今回のアンケートに回答をいただいていますが、男性・女性で分けてみても女性で1割の回答があったのは驚きでした。サッカーに熱心なお母様も増えてきたということでしょう。
 
【試合撮影の目的を教えてください】

mokuteki.jpg

1  2  3  4
文・写真/サカイク編集部(2012全日本少年サッカー大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

アンケートコンテンツ一覧へ(30件)

コメント

  1. サカイク
  2. データ
  3. アンケート
  4. 子どもの雄姿を自らの手で収めたい!今どきのサッカー保護者「カメラ撮影」事情

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ