1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. たとえ公式戦がなくても工夫次第で子どもは育つ!! 正しいサッカーチームの選び方

勉強と進路

たとえ公式戦がなくても工夫次第で子どもは育つ!! 正しいサッカーチームの選び方

公開:2015年10月 2日 更新:2021年1月27日

IMG_2929_s.jpg
チームの成長株・迫水太智(さこみずたいち)くん。 ベンチでは門脇監督がじっと彼らのプレーを見つめる。コーチとの信頼関係が子どもの成長を大きく左右する。
 

■自分の目や耳でチームを見て、子どもの決断を尊重してあげること

ブラジルやドイツ、スペインなどのサッカー先進国には、地域にたくさんのクラブチームがあり、「Aというクラブが自分に合わないようならBのクラブに行けばいい」という考え方があります。
 
「私自身もそうでしたが、クラブユース連盟に加入しているようなチームの多くのコーチが、運営と育成のはざまで矛盾を抱えながら指導をしています。ヴェラジスタはそういったチームの受け皿として、ひとりのサッカープレーヤーとしてこのまま試合に出られないままでいいのかと考える子どもたちの力になる。そんな立ち位置になれればいいと思っています」
 
今回このFCヴェラジスタを取りあげたのは、サカイク読者のみなさんにお子さんに合った正しいチーム選びをしてもらいたいからです。正しいチーム選びとは、公式戦に出場できるかどうかではありません。「あそこは止めた方がいいよ」「あそこのコーチがいいらしいよ」というような周囲の評判で決めるものでもありません。ましてや「部活か、クラブか」という二極論で考えるものでもないのです。部活の先生やチームのコーチがどんな考えでチームを運営しているのか、所属する子どもたちの表情や発言などはどうか、そしてなにより自分の子どもに合うかどうか。そのチームの練習や試合に子どもと一緒に足を運び、自分の目や耳で確かめること、そして子どもの決断を尊重してあげることがなにより重要です。自ら考えて行動し決断する――。そうすることで、これからの社会を生きていくために必要な“自分で考える力”が備わるのではないでしょうか。
 
 
FCヴェラジスタの中学3年生は全部で12人。その中から、現在、プリンスリーグに所属する高校に2名、地域一部リーグに所属する高校に4名の選手の内定が決まっています。
 
練習終了後、チームの中でも成長意欲の高い迫水太智(さこみずたいち)君はサカイクの取材に、こう答えてくれました。
 
「公式戦に出られるかどうかはとくに気にならないです。端午さんについていけば間違いないと思ってヴェラジスタに入りました。自分の実力はまだまだだけど、このチームでうまくなって将来はプロになりたいです」
 

 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2

サカイク公式LINE
\\友だち募集中//

人気サカイク主催イベントや
お得なサンプリング情報を配信中!
大事な情報を見逃さずにチェック!

友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文・写真 出川啓太[サカイク編集部]

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

勉強と進路コンテンツ一覧へ(53件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 勉強と進路
  4. たとえ公式戦がなくても工夫次第で子どもは育つ!! 正しいサッカーチームの選び方