1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 田中誠のサッカー観戦術!観て、感じ、学び、考える

サッカーを観て学ぶ

田中誠のサッカー観戦術!観て、感じ、学び、考える

公開:2014年12月18日 更新:2020年3月24日

キーワード:サッカーを観るディフェンス田中誠

■観ること以上に肌で感じることが重要

――ジュニア年代にとくに影響を受けた選手はいましたか?
 
国立競技場で行われていたトヨタカップをよく観に行っていたのですが、ぼくはACミランのライカールトが好きで観ていました。守備的ではあるのですが前に出て得点も獲る、そういったユーティリティーなプレーを観て、すごく起用な選手だなと感じましたし、自分もいろいろなポジションをこなせるような選手になりたいと強く感じました。
 
ジュニア年代を過ぎると、観ること以上に、実際に肌で感じることが重要になってきます。上に行けば行くほど、「自分よりもスピードがある選手がいる」と感じたり、実際にだんだんドリブルで抜けなくなってきたり。そういったことを自分の肌で感じると、相手を見極めながら自分のプレーを変えていくことを覚える。たとえば、相手の方がスピードがあるのなら、どうかわしていくのか。それを見て考えることが重要です。
 
後編に続く>>
 
田中誠さんもコーチを務めるサッカースクールSKYはこちら>>
 
田中誠(たなか・まこと)
1975年生。静岡県出身。94年清水市立商業からジュビロ磐田へ加入。02年にはJリーグ両ステージ制覇を成し遂げるなど、DFのリーダーとして、ジュビロの黄金期を支えた。また、96年アトランタ五輪ではブラジルを破るマイアミの奇跡を経験。その後、09年にアビスパ福岡に移籍し、11年シーズンで現役を引退。日本代表32試合出場。Jリーグ通算419試合出場。現役引退後は、解説者、サッカースクールのコーチを務めるなど、サッカーの普及活動に情熱を注いでいる
 

Jリーグの試合映像でサッカーを学ぼう!
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、13歳までに身に付けておくべきサッカーの戦術を、Jリーグの試合映像を使って徹底解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が見て学べる映像トレーニング。
think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png
選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>
 
『Footi』清水英斗と北健一郎 アジアカップレポートを動画で配信中!
http://footi.jp/movie/list/1?ct_id=21
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 石井宏美 写真 サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

サッカーを観て学ぶコンテンツ一覧へ(35件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 田中誠のサッカー観戦術!観て、感じ、学び、考える