1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 柏木陽介「サッカー ゲームメークの教科書」

本・書籍

2017年3月17日

柏木陽介「サッカー ゲームメークの教科書」

ゲームを動かし、試合を制するためには、どんなプレーが必要なのか。そんな疑問に答えるべく誕生したのが本書。浦和レッズでチームの頭脳として活躍する柏木選手監修の「ゲームメーク」のレッスン本です。
 
kashiwagi.jpg
 
■サッカーの試合を制する「駆け引き」の技術
 
具体的には、
・ボールを持っていない時に、どこに、どういうタイミングで動くのか。
・相手の守りが崩れない時には、どんな種類のパスを、どれぐらいの強さで味方に出すのか。
・試合展開や時間帯によってプレーはどう使い分けるべきか。
それらの状況に合わせて柏木選手が日頃行っている「考えてプレーする」こと、ゲームを動かすための「駆け引き」を本書ではあますところなく伝えます。
 
また、正確無比なパスと多彩なキックは、ゲームメークする際の必須技術です。「パスの基本」「コントロールの基本」をしっかりと身につけることで、本書で紹介するプレーや駆け引きが、できるようになります。そのため、本書では基本技術を解説する章も追加。
 
基本はもちろん、崩し方のパターンやオフザボールの動きなどMFとしてスキルアップする要素が余すことなく紹介されています。
 
 
実業之日本社パーフェクトレッスンブック
「サッカー ゲームメークの教科書」
監修:柏木陽介(浦和レッドダイヤモンズ)
 
●基本情報
発売日:2017年3月17日
出版社:実業之日本社
単行本:ソフトカバー192ページ
価格:1600円(税抜)
購入先:全国書店、インターネット書店
 
●コンテンツ
第1章 パスの基本
第2章 コントロールの基本
第3章 ボールを受けるまでの準備
第4章 パスを出した後の動き
第5章 攻撃の組み立て(ビルドアップ)
第6章 攻撃の組み立て(チャンスメーク)
第7章 セットプレー
第8章 メンタル
 
●柏木陽介選手プロフィール
1987年12月15日生まれ。兵庫県たつの市出身。浦和レッドダイヤモンズ所属のミッドフィルダー。高校時にサンフレッチェ広島ユースに加入。高円宮杯全日本ユース選手権初制覇を果たし、2006年にトップチームに昇格。翌年、FIFA U-20 World Cup 2007 で主力としてベスト16進出に貢献した。2010年には浦和レッドダイヤモンズへ移籍。攻守の要としてチームを支え、2014・15・16年とJリーグ優秀選手賞を受賞。2016年にはYBCルヴァンカップで優勝し、自身初のJリーグベストイレブンにも選出された。日本代表として国際Aマッチ11試合出場(2017年2月現在)。
 
1

本・書籍コンテンツ一覧へ(176件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 柏木陽介「サッカー ゲームメークの教科書」