1. トップ
  2. 本・書籍
  3. サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム

本・書籍

2016年8月 5日

サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム

中学3年間をともに歩んだ仲間とのとびきり熱い、最後の夏!!
累計55万部突破! 大人気シリーズ堂々の完結!!
soccerboys.jpg
<あらすじ>
県大会出場をかけた大事な試合で、遼介は右膝を痛めて負傷交代し、試合にも敗れてしまう。さらに監督の草間がベンチで倒れ、入院してしまった。遼介たち3年生にとって中学最後の大会となる夏の総体が1ヶ月に迫るなか、キャプテンと監督を欠き、不穏な空気に包まれる桜ヶ丘中サッカー部。3年間をともに過ごした仲間たちとの、最後の夏がはじまる――。真っすぐでがむしゃらな少年たちを描いた傑作青春小説、堂々の完結。
 
<目次>
プロローグ
リスタート
選手登録
最後の夏
解散式
復活
メッセージ
練習会
ラストゲーム
エピローグ
解説 加藤裕子
 
<著者紹介>
はらだみずき
千葉県生まれ。2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。「サッカーボーイズ」シリーズは、『サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド』『サッカーボーイズ 14歳 蟬時雨のグラウンド』『サッカーボーイズ 15歳 約束のグラウンド』、本作『サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム』と続く大ヒットとなる。他の著書に『最近、空を見上げていない』『スパイクを買いに』『ホームグラウンド』『サッカーの神様をさがして』『帰宅部ボーイズ』『たとえば、すぐりとおれの恋』『ムーンリバーズを忘れない』『はじめて好きになった花』『あの人が同窓会に来ない理由』などがある。
 
1

本・書籍コンテンツ一覧へ(159件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム