1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. おれ、バルサに入る!

本・書籍

おれ、バルサに入る!

2012年7月 3日

キーワード:スペインバルセロナ

バルサ.jpg
『おれ、バルサに入る!』久保建史著 出版:文藝春秋
 
<<内容>>
昨年、日本人として初めてバルサ下部組織に入団した久保建英君、当時9歳。そのお父さんが、一家の育児を振り返りました。世界最強のサッカークラブ、スペインFCバルセロナは、下部組織に地元カタルーニャ地方出身者しか入団させません。まれに外国人の例外を認めても、基本は13歳から。異例の入団となった建英君を、両親はベビーカーを使わず歩かせ、本を読み聞かせて育てました。親子練習メニューも大公開。
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. おれ、バルサに入る!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ