1. サカイク
  2. 連載
  3. サッカー少年なら習慣にしたい!シチュエーション別ストレッチ18
  4. 通学前5分でできる!小学生から習慣にしたい3つのストレッチ
pocarisweat

サッカー少年なら習慣にしたい!シチュエーション別ストレッチ18

通学前5分でできる!小学生から習慣にしたい3つのストレッチ

2016年4月21日

キーワード:お母さんお父さんサポートストレッチ

ジュニア世代のサッカー少年・少女たちはすくすくと身長が伸びる一方で、見た目ほどには、まだ筋肉が発達していません。そのため、体の部位によっては必要以上に負担がかかっていることもあるそうです。そんな子どもたちのために、お父さんやお母さんができることといえば、体のケアです。本連載では『自宅で簡単にできるケア』にテーマに、サッカーでよく使う股関節まわりと肩甲骨まわりをほぐすストレッチを中心に全6回にわたりご紹介します。
 
連載2回目は、目覚めた体を呼び起こすための早朝ストレッチです。通学前に毎日5分、筋肉を伸ばすだけでポテンシャルを発揮する準備が整います。今回は、主に体にひねりを加え、股関節や肩甲骨の可動域を広げて体の側面部分を伸ばす3つのメニューを紹介します。(取材・構成 サカイク編集部 撮影 八木竜馬 協力 フットサルパーク吉祥寺
 
IMG_6700_s.jpg
 
<<前回記事『親子でできる!風呂あがりにできる3つの疲労回復ストレッチ』
 

■股関節の前面と脇腹を上に引っ張るようなイメージ

【通学前5分でできる早朝ストレッチ】
メニュー1.股関節の前面と脇腹
メニュー2.股関節から背筋、肩甲骨
メニュー3.肩甲骨と股関節、内もも
 
 
サッカーをプレーする上で、体の持つポテンシャルを発揮することはパフォーマンスに大きく左右します。そのためには、まず自力で使えたり、支えたりする筋肉をつけることが大切です。伸ばす筋肉の反対側には支える筋肉があり、その両方をバランスよく意識することで、無理のない体の動きや可動域を把握することができます。
 
メニュー1は下半身で体を支え、軸をぶらさずに体をねじることで伸ばす筋肉と支える筋肉を両方鍛えることができます。膝をつけている足でしっかり踏ん張りましょう。
 
これは股関節の前面と脇腹を上へと引っ張るような意識を持ち、手をグッと持ち上げると狙い通りの箇所のストレッチができます。軸が左右にブレると効果が下がりますので、しっかりと保ちましょう。
 

■股関節から肩甲骨にかけて全身を伸ばそう

メニュー2は、地面につけている手の力で体重を支えるのではなく、下半身でしっかりと体のバランスをとることが大事です。あくまでも手はバランスを支えるためのもの。体の軸をぶらさず、しっかりと真上にもう片方の手を伸ばしましょう。
 
このひねるストレッチは股関節から肩甲骨にかけて全体が伸びていますが、特に背筋に注力してください。背筋をつかってひねる感覚を持てば、必然的に体の軸に気を配り、バランスを心がけられます。
 

■肩を内側に入れすぎると効果が半減

メニュー3は肩を内側に入れすぎると、上体が前のめりになるため、効果が半減します。軸をぶらさずに体をひねることが股関節と肩甲骨を上手に使えるコツです。
 
特に、ひねったときに手にかかる力を内ももで支えるため、ここが開きすぎたり、逆に閉じすぎたりすると伸ばしたり支えたりしたい箇所がうまく機能しません。十分に内ももでサポートしましょう。
 
>>第三回目の連載は「試合直前は動きながら筋肉を伸ばす! 動的ストレッチ」です。配信は5月中旬予定です。お楽しみに!
 
 
長尾樹
広尾にあるコンディショニングルームTEETER TOTTER(ティータートッター)のマネジャー。18歳でアスレティックトレーナーを志し専門学校へ入学。アスレティックトレーナーの資格取得の勉強と同時にサッカー、ソフトボール、ラグビーと様々なスポーツ現場での実習経験を積む。卒業後、20歳で鍼灸あん摩マッサージ指圧師の資格取得を目指し再度専門学校へ入学。その後もスポーツ現場、都内の鍼灸マッサージ治療院での活動を経て、2014年TEETER TOTTER設立。


<告知>
ストレッチとポカリスエットでお子さんのカラダをケアしよう>>
 
1
取材・構成 サカイク編集部 撮影 八木竜馬

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー少年なら習慣にしたい!シチュエーション別ストレッチ18コンテンツ一覧へ(6件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. サッカー少年なら習慣にしたい!シチュエーション別ストレッチ18
  4. 通学前5分でできる!小学生から習慣にしたい3つのストレッチ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  8. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日

一覧へ