1. サカイク
  2. 連載
  3. W杯出場欧州列強 U-12育成事情
  4. ユース年代でも夏休みは1か月オフ! 復活の兆しを見せるサッカーの母国、イングランドのU-12育成とは?

W杯出場欧州列強 U-12育成事情

2018年12月18日

ユース年代でも夏休みは1か月オフ! 復活の兆しを見せるサッカーの母国、イングランドのU-12育成とは?

キーワード:イングランドキックアンドラッシュサイコロジカルテクニカル主張休息自立

これまでドイツ、スペイン、クロアチアと欧州列強のU-12育成環境や方針について伺って来ましたが、今回紹介するのはサッカーの母国であるイングランドです。

最も長くサッカーの歴史を持つこの国では、どういったスタンスで子どもたちを指導しているのでしょうか?また、指導のスタンスとは。

イングランド・プレミアリーグは世界最高峰のリーグとして隆盛を極めていますが、その陰でリーグを支える母国人、イングランド代表自体は国際大会での成績が振るわない状況が続いていました。しかし近年は他国の情報も取り入れ育成の改善を図り、今年行われたFIFAワールドカップロシア大会では、若い選手の躍動もあって4位と大健闘。サッカーの母国として復権も近いと期待できます。

そんなイングランドの育成環境をご紹介します。

今回は、1989年にイギリスのロンドン郊外に開設された文部科学省認定の在外教育施設である、帝京ロンドン学園高等部サッカーコースで指導者を務める末弘健太さんにお話を伺いました。

(文:竹中玲央奈 写真:新井賢一)

Harry Edward Kane_Tottenham Hotspur Football Club.jpg
イングランド代表 トッテナム所属のハリー・ケイン(C)新井賢一

<< クロアチアの育成事情 | 連載一覧 >> 

■幼少期からサッカー以外の世界を見せる

末弘さんが最初にイギリスに来たのは2011年。留学生としてイギリスに足を踏み入れた後、一時帰国して日本で働いた後に再度イギリスへ戻りました。その後現地のユース世代のサッカーアカデミーに通いインターナショナルコーチングライセンス(イングランド・サッカー協会が認めている外国人のためのライセンス)を取得。マンチェスターユナイテッドサッカースクールの通訳を務めるなどイングランドのサッカー指導現場で活躍され、現在は日系の現地高校を指導しています。

そんな末弘さんに在英中に現地のジュニア世代の指導をしていた経験をもとにお話を聞きました。

「今現在ジュニア世代を指導をしているわけではないのですが、だからこそ過去の経験を踏まえ客観的に見られるという部分もあると思います。その中で感じたのが、イングランドは『緻密に考えられた指導』はされていないという点ですね。クラブチームの育成組織はともかく、街クラブレベルでは基礎的な指導はしますが、メニューの設定を難しくしたりせず、細かい戦術的な指導をすることもあまりないです。戦術的には日本でもテレビ観戦で人気の強豪国に比べると全体的に遅れている印象はありますね。未だに男子のフットボールでは"キックアンドラッシュ"が色濃く残っています。

とはいえ、ジュニア年代もクラブチームのアカデミーレベルになると下部組織は戦術を含め細かくしっかり育成している印象も同時に持っています。クラブチームはお金もあるので、最新の機器を揃えてテクノロジーに頼りながらやっている、というのもあります。技術的なことも高めていますね。ただ、街クラブについてはお父さんコーチがたくさんいる現状があります」

イングランドのジュニアチームは地域に紐付いて存在し、活動時間は試合を含めて週に3〜4回とのこと。1度の練習時間について、U-10になると1時間という短さがあり、U-11、U-12でも90分2時間みっちりやる、というジュニアチームはないと語ります。平日も夜まで練習、土日は試合がなければ1日練習など、練習漬けのチームも多い日本と比べるとイングランドの練習は比較的少ない印象を持ちます。

「ユース年代も夏のオフが1か月くらいあるんです。その期間は練習がないので、家族と旅行に行ったり、自分のやりたい分野の勉強をしたりできるんです。サッカー以外の時間も大事にすることで、結果として人間的に成長していくのです。

また、そういう長期間サッカーから離れる休暇があるからこそ『またサッカーをしたい』『サッカーが楽しい』と思えるのかなと感じます。少し物足りない感じを残しているからなのか、サッカーが嫌いになって辞めてしまう子はあまり聞きません」

サッカーの母国なので、生活の全てがサッカー一色だったり、オフも自主練に勤しんだり、サッカーに徹した毎日を送っていることをイメージしてましたが、決してそうではないということが末弘さんの言葉からもわかります。

ロンドンはヨーロッパ一1の国際都市なので、色々な人種、宗教、言葉、考え方が存在しており、幼い頃から自分について考えさせられることが多く、結果的に人間として成熟するということでしょう。

そういう面もあり、イングランドの子どもは日本より大人びているという印象を末弘さんは持っているようです。

「中学生以上の子は既にサッカー以外の色々なスポーツやアクティビティ、文化的な経験をしているんです。だからこそ、いろいろと考えるし、自分の体験やそれによって得た知識を元に発言もする。文化的な違いも影響していると思いますが、土日も長期休暇もサッカー漬けの日本の子どもとイギリスの同じ年代の子を比べると、意見の主張や考え方の部分に差が見られますね」

次ページ:上手くない子も自信を持ってプレーできる環境がある

1  2

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

文:竹中玲央奈 写真:新井賢一

関連記事

関連記事一覧へ

W杯出場欧州列強 U-12育成事情コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. W杯出場欧州列強 U-12育成事情
  4. ユース年代でも夏休みは1か月オフ! 復活の兆しを見せるサッカーの母国、イングランドのU-12育成とは?