1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 「広がれ」という指示はNG!与えるのは答えではなく少しのヒント【クラウスの金言】

テクニック

「広がれ」という指示はNG!与えるのは答えではなく少しのヒント【クラウスの金言】

公開:2015年3月16日 更新:2018年10月 9日

キーワード:クラウスサッカードイツ

■与えるのは、答えではなくちょっとしたヒント

では、まず学ぶべきことは何でしょうか。戦術における「1+1」に当たるものは何でしょうか。それはプレーインテリジェンス、つまり基本的なゲームにおけるふるまい方を身につけるということでしょう。たとえば味方選手がボールを持った時に他の選手はどうしたらいいのか?広がるのか、それとも団子状態でいたほうがいいのか?

この点に関してクラウスは「『広がれ!』という指示ではダメなんだ。それでは『広がる』ことが目的になってしまう。何のために広がるべきなのか。ゴールを目指すためにどうすればより上手くボールを運ぶことができるかを尋ねてみる。すぐに答えが出ないかもしれない。でも、ミニゲームを何度も繰り返しているうちに、子どもたちもどうすればいい形でパスをもらえるのかということに気づくようになる。自分たちで考え、気づくということが大切なんだ。それでもなかなか改善されない時は、一度ストップして、一人の選手を空いたスペースに動かし、その選手にパスを出してみる。そして改めて『みんなが固まっていたほうがいいのかな?』みたいに聞いてみる。大人が与えるのは答えではなくて、ちょっとしたヒント」と説明します。

ボールを持ったら攻める。自分たちで攻めやすいように広がる。ボールを失ったら守る。相手に簡単にプレーさせないようにエリアを狭まる。そう、団子サッカーそのものが悪いわけではないのです。守備の場面においてはとても強固な壁になるわけですから。大事なのは、いつどこでどのように何のためにプレーするかを学ぶこと。

クラウスは「小さい子どもでも見渡すことができるフィールド、認識することができる人数で行うことが大切だろう。わたしからすると小学生低学年くらいだと4対4でも多すぎると思う。1対1を2対2を多くやって、ボールを奪い合う、ゴールを狙い合うというサッカーの原点を身に付けることが大切だ」と練習における注意点を挙げてくれました。

ミスはその後チャレンジできないといつまでたってもミスのまま。取り返そうと自分と向き合って何度も繰り返して、そうして手にした一回の「やったー!」が大きな財産となるのです。「失敗が成功のもと」になるように、子どもたちが目の前の課題に集中して取り組める環境を作るのが、大人の役目なのではないでしょうか。

次回:「球際の激しさ」だけではない、ボールを奪える子どもの育て方【クラウスの金言】

クラウス・パブスト(Klaus Pabst)

ドイツの名門「1.FCケルン」でユースコーチや育成部長を務め、多くのブンデスリーガを輩出。ケルンで最初となるサッカースクール「1.Jugend-Fusball-Schule Koln」を創設し、サッカー指導者養成機関としても知られる国立ドイツ体育大学ケルンで講師を務めるなどドイツサッカー育成の第一人者である。
日本へは何度も訪れており、指導者講習会や選手へのクリニックを開催。日本サッカーの育成にも造詣が深い。


クラウス氏監修のDVD「モダンフットボール」と
ドイツサッカー協会編集のU-10向け指導本がセットに>>

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 「広がれ」という指示はNG!与えるのは答えではなく少しのヒント【クラウスの金言】