1. トップ
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 体幹を強くするのは「正しい姿勢」がカギ! 毎日の生活でお腹周りを強くする正しい座り方

運動能力

2018年12月 4日

体幹を強くするのは「正しい姿勢」がカギ! 毎日の生活でお腹周りを強くする正しい座り方

キーワード:いい姿勢体幹を鍛える体幹トレーニング少年サッカー後ろ体重正しい姿勢清水エスパルス骨盤

■後ろ体重、自分でわかってる?

さらにもう一つ、子どもの姿勢改善に有効なコーチングをお伝えします。それは、「後ろ体重になっていないか?」です。

「骨盤が後傾すると、背中が丸まって肩と顎が体の前に出るようになり、かかとの方に体重がかかるようになります。いわゆる後ろ体重というやつです。骨盤が後傾していると伝えてもピンとこない子には、『後ろ体重になっていないか?』と聞いてあげることがいいのではないでしょうか?」

後ろ体重になっていると、強いシュートを打ちたいときや、ドリブルで素早く相手を抜き去りたいときにうまく前に体重をかけることができません。いまはまだ理解度が高いとは言えない子も、「シュートが強く打てなかった」「ドリブルで抜こうとしたのに抜けなかった」という結果を体験した直後に伝えれば、「後ろ体重だといいプレーができないんだ」と理解してもらいやすいでしょう。

齋藤コーチが実践するように、子どもにいい姿勢になってもらうためには何度も繰り返し伝えることと、伝え方を工夫することが大切だということをご理解いただけたでしょうか。

今回お伝えした3つのコーチングを、お子さんに繰り返し伝えることからはじめてみませんか?

<<前編:体幹トレーニング」だけやってもダメ! Jクラブが実践する、当たり負けない身体を作るトレーニング

spulse_coach.JPG

清水エスパルス齋藤佳久コーチ
理学療法士、アスリート育成コンディショニングコーチ

清水エスパルスの最新情報はこちら>>

前のページ 1  2

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

取材・文:出川啓太

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(103件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 体幹を強くするのは「正しい姿勢」がカギ! 毎日の生活でお腹周りを強くする正しい座り方