1. サカイク
  2. 少年サッカー用語解説
  3. アタッキングサード

少年サッカー用語解説

子どもやコーチが使っているこの用語ってどんな意味?少年サッカー(ジュニアサッカー)に関わる専門用語を解説

アタッキングサード

ピッチの全長を3分割したときに、相手ゴールに一番近いエリアのことを指す。
用例としては、「アタッキングサードに入ったらシュートを打て!」「今日の試合はアタッキングサードで全然プレーをさせてもらえなかった」など。
ちなみにピッチを3等分したゾーンのことを「サードオブザピッチ」といい、アタッキングサードほど使用頻度は高くないが、自陣ゴールに近いエリアを「ディフェンディングサード」、両エリアの間の中央部分を「ミドルサード」と呼ぶ。
 

関連記事

  1. サカイク
  2. 少年サッカー用語解説
  3. アタッキングサード

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  2. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  6. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  7. 子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
    2017年9月15日
  8. 誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
    2017年9月13日
  9. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  10. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日

一覧へ