1. サカイク
  2. 少年サッカー用語解説
  3. アタッキングサード

少年サッカー用語解説

子どもやコーチが使っているこの用語ってどんな意味?少年サッカー(ジュニアサッカー)に関わる専門用語を解説

アタッキングサード

ピッチの全長を3分割したときに、相手ゴールに一番近いエリアのことを指す。
用例としては、「アタッキングサードに入ったらシュートを打て!」「今日の試合はアタッキングサードで全然プレーをさせてもらえなかった」など。
ちなみにピッチを3等分したゾーンのことを「サードオブザピッチ」といい、アタッキングサードほど使用頻度は高くないが、自陣ゴールに近いエリアを「ディフェンディングサード」、両エリアの間の中央部分を「ミドルサード」と呼ぶ。
 

関連記事

  1. サカイク
  2. 少年サッカー用語解説
  3. アタッキングサード

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日
  4. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  5. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  8. 「伸ばしたいから離れる」方法がわかる!子どもを伸ばす「魔法のコーチング」とは?
    2017年5月24日
  9. 自分で考えるサッカーを身につけさせるために参考にしたい記事5選
     
  10. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     

一覧へ