1. サカイク
  2. トピックス
  3. 高校サッカー選手権に出場する米子北高校を山本昌邦さんが激励

トピックス

高校サッカー選手権に出場する米子北高校を山本昌邦さんが激励

2016年12月15日

大塚製薬株式会社(本社:東京都)は、部活を頑張る高校生を応援する「エールと、ともに。」PROJECTの一環として、「ポカリスエット エールと、ともに。 ブカツ応援キャラバン」を2016年12月14日(水)に、今年度の全国高校サッカー選手権大会に出場する、学校法人 翔英学園 米子北高等学校(鳥取県米子市米原)にて実施しました。
 
当日は、サッカー元五輪代表監督の山本昌邦さんが同校を訪問し、全校生徒たち(約763名)に向けた講演と、男子サッカー部員98名に対する特別講演会をし、全国高校サッカー選手権大会を前に熱いエールを送りました。
 
pokari02_1215.jpg
 
イベント当日は、サッカー界のレジェンドである山本 昌邦さんが、同校の生徒たち(約763名)に向けた講演を行いました。「チャレンジして成長する人にチャンスを巡ってくる。自分の得意なこと、自信のあることを大切にして、幸せな人生を切り開いて欲しい。そして、親や支えてくれている人への感謝を忘れないこと。」など、ご自身の豊富な経験をもとに、生徒たちにメッセージを伝えました。
 
またその後、今月末より開催される全国高校サッカー選手権大会への出場を控える男子サッカー部員98名に対し、特別講演会を行いました。全国大会を前にしていることもあり、試合に向けた心構えなどを中心に講演。講演の中では、「選手権は、君たちの人生の中でも大きな分岐点であり、人間的にも進化できる場所。自分から考え、動く意識が大事。チームのために全員が貢献できれば、きっと勝てる。」と伝え、また今後の日本のサッカー界を担う若者たちへ、「リスクを負って自分でチャレンジできるような、信頼できる選手を目指してほしい。」と、未来のアスリート達にエールを送りました。
 
pokari03_1215.jpg
 
イベントを終えた山本さんは「全国レベルの規律や姿勢を感じる。全国上位を十分狙える良いチームでした。」と述べ、ご自身も部員たちとの熱い時間を共有できたことに、刺激を受けた様子でした。また、参加した部員からは「サッカーに対する考え方を見直せた。残りの期間で覚悟を持って成長したい。」と、全国大会に向けた力強い意気込みが聞かれました。
 
pokari_1215.jpg
 
「エールと、ともに。」特設サイトでは、各界のレジェンドたちからの熱いエールを見ることができます。
1

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 高校サッカー選手権に出場する米子北高校を山本昌邦さんが激励

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ