1. サカイク
  2. トピックス
  3. 東福岡-星稜[第94回全国高校サッカー選手権準決勝]

トピックス

東福岡-星稜[第94回全国高校サッカー選手権準決勝]

2016年1月11日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月9日(土)12:05キックオフ/埼玉県・埼玉スタジアム2002/観客数17,383人/試合時間90分
東福岡2(1-0、1-0)0星稜
 
得点者
藤川虎太朗/東福岡(前半45分)
鍬先祐弥/東福岡(後半12分)
 
取材・文 安藤隆人
 
立ち上がりはお互い様子を伺う展開だった。しかし、徐々に攻撃力で上回る東福岡がペースを握りだすと、前半45分にMF⑩中村健人の展開から、FW⑧橋本和征の左からの折り返しを受けたMF⑥藤川虎太朗が鮮やかに射抜いて、先制に成功する。後半もさらに攻め手を強める東福岡は、後半13分にMF④鍬先祐弥が追加点。これで試合を決定づけると、最後まで相手にペースを与えること無く試合終了。東福岡が決勝進出を果たした。
 

■アンカー鍬先が大車輪の活躍。東福岡が17年ぶりの決勝進出!

東福岡の攻守の要・MF④鍬先祐弥が、今大会初ゴールをたたき込んだ。
 
彼は伝統の4-1-4-1システムのアンカーという重要な責務を任されている。展開力が持ち味の彼は、「僕の役割は中盤の球際で負けないこと、なるべく前に前にボールを運ぶこと。この2つを意識した」と、1回戦から攻撃の起点として全体をコントロールするだけでなく、積極的にツーシャドーを追い越して、バイタルエリアに顔を出し続けた。ゴールこそ奪えなかったが、相手は後方から湧き出て来る彼を捕まえきれず、しばしばマークが混乱していた。
 
そして、貫き続けたその姿勢が、準決勝の大舞台でついに結実をした。立ち上がりから持ち前の展開力はもちろんのこと、積極的な出足で前半からバイタルエリアに顔を出していく。
 
「前半から効果的にボールを動かせていた」と語ったように、④鍬先、⑥藤川虎太朗と⑩中村健人のツーシャドーを軸に、パスワークで攻撃を構築すると、前半終了間際に⑥藤川が先制点を挙げて、試合を有利に進めた。
 
「後半は絶対に前のスペースが空くと思っていた」と、虎視眈々とチャンスを狙っていた④鍬先に、待望の瞬間が訪れる。後半13分、⑩中村のパスを受けた⑪三宅海斗が前を向くと、バイタルエリアにスルスルと顔を出す。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 安藤隆人

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7190件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 東福岡-星稜[第94回全国高校サッカー選手権準決勝]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  4. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  10. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日

一覧へ