1. サカイク
  2. トピックス
  3. 星稜-中京大中京[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

トピックス

星稜-中京大中京[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

2016年1月 4日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月3日(日)12:05キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/試合時間80分
星稜 1(0-0、1-0)0 中京大中京
 
得点者
岡田勇斗/星稜(後半4分)
 
取材・文 松尾祐希
 
「正直、星稜高校さんは強かった。あそこでFKから決めてくるし、0−1になってからうちのペースでやれた部分もありましたが、最後の部分で守られてしまった」と中京大中京の岡山哲也監督が話すように、星稜は勝負どころを抑えた試合運びで勝利を収めた。
 
星稜は⑧大橋滉平を起点に序盤から積極的に攻撃を展開。しかし、決定力不足を露呈し、ゴールをこじ開けられない。嫌な雰囲気が流れたが、後半4分に⑧大橋の左FKから④岡田勇斗が決勝弾。守備陣も最後まで集中を切らさず、前回王者は4年連続のベスト8へと駒を進めた。
 

■相手の攻撃陣をシャットアウト!苦難を乗り越えて奪い返した正GKの座

攻勢を仕掛けた星稜だったが、後半は相手に攻めこまれる場面が多くなった。特に後半はロングボールや、裏への飛びだしを起点とする中京大中京の猛攻を前に沈黙。その中で、幾度となくピンチを救ったのが守護神の①坂口璃久である。
 
昨年度の選手権で2年生ながら優秀選手に選出され、①坂口はその名を全国に轟かせた。新チームが立ちあがると①坂口は副キャプテンに就任。大黒柱の1人として、最後尾からチームを支える予定だった。しかし、昨年の3月に学校行事であるスノーボード合宿で左肩を亜脱臼すると、完治した直後には右足を捻挫。すべての傷が癒え、万全の体勢で高校総体に挑めるかと思った矢先に今度は予選中に接触プレーから腰を負傷してしまう。本大会に入ってもカカトを痛め、気がつけば正GKの座を喪失。2年生の⑰高橋謙太郎に譲り、ベンチを温める日々が続いた。
 
当時のことを①坂口は「自分は副キャプテンなのに、全然チームを引っ張れていなかった」と振り返る。ただ、今の自分があるのは⑰高橋の存在があったとも話す。「彼のおかげで成長できたので、いいライバルとしてお互い高めあってきた。だから、今の自分がある」というように、互いが切磋琢磨したことで高いレベルで競い合う環境が生まれた。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 松尾祐希

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7304件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 星稜-中京大中京[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ