1. サカイク
  2. トピックス
  3. 富山第一-矢板中央[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

トピックス

富山第一-矢板中央[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

2016年1月 4日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月3日(日)12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/試合時間80分
富山第一 2(0-1、2-0)1 矢板中央
 
得点者
真下瑞都/矢板中央(前半15分)
賀田凌/富山第一(後半10分)
柴田丈一朗/富山第一(後半40+2分)
 
取材・文 篠幸彦
 
 
前半の立ち上がり、矢板中央が1、2回戦で見せたロングボール主体のパワフルなサッカーで、富山第一に襲いかかる。やや押しこまれる展開が続いた前半15分、矢板中央がCKからDF⑤真下瑞都がヘディングで合わせて先制。
 
富山第一はシステムを4−3−3に変更。前線からプレスをかけると流れは富山第一に傾き、後半10分にセットプレーから同点。そして、後半アディショナルタイムにFW⑪柴田丈一朗が決勝点を決め、富山第一が逆転でベスト8に進出した。
 

■臨機応変な対応力が功を奏し、劇的逆転弾で富山第一がベスト8進出!

2回戦、先制点を柔軟なシステム変更で守りきって勝利すると、試合後に大塚一朗監督は「うちは力がないので、先に点を取って逃げきるのが戦い方」と語った。この試合でも先行逃げ切りを狙ったが、前半15分という早い時間帯に失点。しかも「試合前に注意しようと話していた」(富山第一⑩早川雄貴)セットプレーから失点を許してしまった。
 
「先制されてちょっと焦った」(富山第一⑪柴田丈一郎)と、大舞台で自分たちの狙いが早々に崩れたことでチーム全体が浮き足立ってしまう可能性もあった。ただ、ここからこのチームの臨機応変な対応力が光る。
 
「ロングボールに苦しんだので、DFにプレッシャーをかけるようにシステムを変えた」(大塚監督)と、矢板中央DFのボールの出どころを抑えるために、前線を3トップに変更。「先制されたときは前からプレッシャーをかけて勢いをもっていくのも自分たちの形」(⑪柴田)と、プランAが崩れてもすぐさまプランBに切り替えることで、チームを素早く立て直した。
 
さらに「システムを4−1−4−1にしてサイドへプレッシャーをかけやすくなった」(富山第一⑧賀田凌)と、矢板中央の自由を次々に奪っていった。
 
ハーフタイムに「これを続けていけば必ず点が入る」(大塚監督)と選手たちを送りだすと、後半10分にセットプレーから同点に追いつく。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 篠幸彦

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7253件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 富山第一-矢板中央[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  2. チームでいじめ発見どうしよう問題
    2017年5月17日
  3. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  4. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 足首の角度で蹴り分ける「インステップキック」
    2017年5月15日
  7. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  8. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
    2017年5月 2日

一覧へ