1. サカイク
  2. トピックス
  3. 富山第一-矢板中央[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

トピックス

富山第一-矢板中央[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

2016年1月 4日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月3日(日)12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/試合時間80分
富山第一 2(0-1、2-0)1 矢板中央
 
得点者
真下瑞都/矢板中央(前半15分)
賀田凌/富山第一(後半10分)
柴田丈一朗/富山第一(後半40+2分)
 
取材・文 篠幸彦
 
 
前半の立ち上がり、矢板中央が1、2回戦で見せたロングボール主体のパワフルなサッカーで、富山第一に襲いかかる。やや押しこまれる展開が続いた前半15分、矢板中央がCKからDF⑤真下瑞都がヘディングで合わせて先制。
 
富山第一はシステムを4−3−3に変更。前線からプレスをかけると流れは富山第一に傾き、後半10分にセットプレーから同点。そして、後半アディショナルタイムにFW⑪柴田丈一朗が決勝点を決め、富山第一が逆転でベスト8に進出した。
 

■臨機応変な対応力が功を奏し、劇的逆転弾で富山第一がベスト8進出!

2回戦、先制点を柔軟なシステム変更で守りきって勝利すると、試合後に大塚一朗監督は「うちは力がないので、先に点を取って逃げきるのが戦い方」と語った。この試合でも先行逃げ切りを狙ったが、前半15分という早い時間帯に失点。しかも「試合前に注意しようと話していた」(富山第一⑩早川雄貴)セットプレーから失点を許してしまった。
 
「先制されてちょっと焦った」(富山第一⑪柴田丈一郎)と、大舞台で自分たちの狙いが早々に崩れたことでチーム全体が浮き足立ってしまう可能性もあった。ただ、ここからこのチームの臨機応変な対応力が光る。
 
「ロングボールに苦しんだので、DFにプレッシャーをかけるようにシステムを変えた」(大塚監督)と、矢板中央DFのボールの出どころを抑えるために、前線を3トップに変更。「先制されたときは前からプレッシャーをかけて勢いをもっていくのも自分たちの形」(⑪柴田)と、プランAが崩れてもすぐさまプランBに切り替えることで、チームを素早く立て直した。
 
さらに「システムを4−1−4−1にしてサイドへプレッシャーをかけやすくなった」(富山第一⑧賀田凌)と、矢板中央の自由を次々に奪っていった。
 
ハーフタイムに「これを続けていけば必ず点が入る」(大塚監督)と選手たちを送りだすと、後半10分にセットプレーから同点に追いつく。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 篠幸彦

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 富山第一-矢板中央[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ