1. サカイク
  2. トピックス
  3. 桐光学園-青森山田[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

トピックス

桐光学園-青森山田[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

2016年1月 4日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月3日(日)14:10キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/試合時間80分+PK戦
青森山田 2(0-1、2-1、PK5-4)2 桐光学園
 
得点者
小川航基/桐光学園(前半32分)
小川航基/桐光学園(後半3分)
成田拳人/青森山田(後半40+2分)
吉田開/青森山田(後半40+5分)
 
取材・文 鈴木智之(フットボールエッジ編集長)
 
 
開始直後から、桐光学園がFW⑨小川航基、MF⑦イサカ ゼイン、⑩鳥海芳樹を中心に青森山田ゴールを攻めたてる。先制ゴールは32分。⑩鳥海のパスを⑨小川が受け、DFと競り合いながら右足を一閃。逆サイドの下に突き刺すという難易度の高いゴールで、桐光学園が先制する。その後も桐光学園がペースを握り、後半3分には⑨小川が⑦イサカのクロスを頭で合わせ、リードを2点に広げる。後半17分に⑨小川がPKを外すというアクシデントがあったが、終始、桐光学園が試合を支配し、アディショナルタイムに突入する。
 
そこにドラマが待っていた。後半40+2分、青森山田がコーナーキックから、⑱成田拳斗がヘディングで1点を返すと、アディショナルタイム5分に、⑤原山海里のロングスローを⑯吉田開が頭で押しこみ、同点に追いつく。勝負の行方はPK戦に委ねられ、5人全員が成功した青森山田に対し、桐光学園はエースの⑨小川が失敗。1回戦に続き、2点のビハインドを追いついた青森山田が準々決勝進出を果たした。
 

■桐光学園の魅惑の攻撃陣が躍動し、青森山田の守備を蹂躙する

 
ニッパツ三ツ沢球技場に詰めかけた14,500人の観衆が目撃したのは、勝負の行方がどちらに転ぶかわからない、天国から地獄、地獄から天国への“ジェットコースターゲーム”だった。
 
80分を終えた時点で、どちらが勝者に近い場所にいたかといえば桐光学園だろう。それぐらい、この日の桐光学園は完璧な試合運びを見せていた。ワントップの⑨小川航基のポストプレーを起点に攻撃を組み立て、異彩を放つドリブラー⑦イサカ ゼイン、2年生ながら名門の10番を背負う鳥海芳樹が、得意のドリブルと正確なラストパスで青森山田ゴールに襲いかかる。
 
前半32分には⑩鳥海がドリブルで中央を突破し、前線で待ち構える⑨小川へラストパスを送る。2回戦で2ゴールを挙げたエースが、右足で強烈なシュートを逆サイドに突き刺し、先制ゴールをマークした。
 
バックスタンドのおよそ半分を埋め尽くす声援を背に受け、桐光学園の勢いは止まらない。後半3分には、ペナルティーエリア右奥でパスを受けた⑦イサカ ゼインが、キックフェイントで寄せてくるDFを翻ろうし、左足で柔らかなクロスをゴール前に送る。ボールの先に待っていたのは、エースの⑨小川だった。ヘディングで合わせ、リードを2点に広げることに成功した。
 
桐光学園は自慢の攻撃力だけでなく、ディフェンスも機能。その中心にいたのが、センターバックの⑥安倍崇士だった。⑦イサカ ゼインと同じ、ボールコントロールを軸とした指導で有名な町田JFCで中学時代を過ごした⑥安倍は、対人プレーの強さで何度もボールを奪い、足元の高い技術で味方にパスをつないだ。
 
攻撃ではワントップの⑨小川を軸に、⑦イサカや⑩鳥海が高い個人技で青森山田のディフェンスラインを蹂躙し、守備の場面では⑥安倍や③タビナス ジェファーソンといった、個の力に秀でたDFが青森山田の攻撃を封じこめる。
 
後半17分には⑨小川がペナルティーエリアで倒され、自ら蹴ったPKを外すという誤算があったものの、2-0というスコアは試合内容を忠実に表しており、ロスタイムに差し掛かったところで、桐光学園が準々決勝に進むに値するチームだということは、誰の目にも明らかだった。
 
しかしサッカーの神様は、ときに想像もつかない結末を用意する。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 鈴木智之(フットボールエッジ編集長)

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 桐光学園-青森山田[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ