1. サカイク
  2. トピックス
  3. 明徳義塾-各務原[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

トピックス

明徳義塾-各務原[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

2016年1月 4日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月3日(日)14:10キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/試合時間80分
明徳義塾 3(0-0、3-0)0 各務原
 
得点者
三田村基俊/明徳義塾(後半39分)
土家壮太/明徳義塾(後半40+2分)
大田陸/明徳義塾(後半40+2分)
 
取材・文 松尾祐希
 
 
1-0というスコアで共に勝ちあがってきた明徳義塾と各務原。その中で勝負を分けたのは、わずかかなほころびだった。
 
拮抗した展開で後半を迎えた両者の対戦。終盤に入ると互いに体力を消耗し、集中力も途切れ始めた。しかし、明徳義塾は一瞬のスキを見逃さなかった。「一瞬だけ相手の足が止まった」(小松晃監督)という後半39分。⑩佐々木敦河の右クロスに⑦三田村俊基が合わせ、値千金の先制弾。40+2分にも⑯土家壮太と⑲大田陸が加点し、高知県勢としては29年ぶりとなるベスト8進出を決めた。
 

■亡き父と共に!わずかに届かなかったベスト8

アディショナルタイムも含めあと4分だった。後半39分からまさかの3失点。各務原にとっては悔やんでも悔やみ切れない。なぜならば、その1分前に決定機を迎えていたからである。⑦和田遼馬の左CKからファーで②山田大夢が頭で中へと折り返す。この絶好機に⑨富樫景汰は頭で合わせた。しかし、無情にもボールはゴール左へ。「ヘディングは下手くそなほうで、競り合いも全然勝てなかった。あそこでヘディングが強い選手であれば決められたと思う。本当に決めたかった」と、涙ながらに自身のプレーを悔やんだ。
 
ただ、試合後には仲間たちから「ベンチのメンバーからはカッコよかったといわれました。悔しいはずなのに、僕を気遣って声を掛けてくれたのがうれしい。一緒に出た仲間からもお疲れさまとか、ありがとうという声を掛けてもらえた」。誰一人として、⑨富樫を責める者などはいなかったのである。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 松尾祐希

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 明徳義塾-各務原[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ