1. サカイク
  2. トピックス
  3. 明徳義塾-各務原[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

トピックス

明徳義塾-各務原[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

2016年1月 4日

キーワード:第94回全日本高校サッカー選手権大会

2016年1月3日(日)14:10キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/試合時間80分
明徳義塾 3(0-0、3-0)0 各務原
 
得点者
三田村基俊/明徳義塾(後半39分)
土家壮太/明徳義塾(後半40+2分)
大田陸/明徳義塾(後半40+2分)
 
取材・文 松尾祐希
 
 
1-0というスコアで共に勝ちあがってきた明徳義塾と各務原。その中で勝負を分けたのは、わずかかなほころびだった。
 
拮抗した展開で後半を迎えた両者の対戦。終盤に入ると互いに体力を消耗し、集中力も途切れ始めた。しかし、明徳義塾は一瞬のスキを見逃さなかった。「一瞬だけ相手の足が止まった」(小松晃監督)という後半39分。⑩佐々木敦河の右クロスに⑦三田村俊基が合わせ、値千金の先制弾。40+2分にも⑯土家壮太と⑲大田陸が加点し、高知県勢としては29年ぶりとなるベスト8進出を決めた。
 

■亡き父と共に!わずかに届かなかったベスト8

アディショナルタイムも含めあと4分だった。後半39分からまさかの3失点。各務原にとっては悔やんでも悔やみ切れない。なぜならば、その1分前に決定機を迎えていたからである。⑦和田遼馬の左CKからファーで②山田大夢が頭で中へと折り返す。この絶好機に⑨富樫景汰は頭で合わせた。しかし、無情にもボールはゴール左へ。「ヘディングは下手くそなほうで、競り合いも全然勝てなかった。あそこでヘディングが強い選手であれば決められたと思う。本当に決めたかった」と、涙ながらに自身のプレーを悔やんだ。
 
ただ、試合後には仲間たちから「ベンチのメンバーからはカッコよかったといわれました。悔しいはずなのに、僕を気遣って声を掛けてくれたのがうれしい。一緒に出た仲間からもお疲れさまとか、ありがとうという声を掛けてもらえた」。誰一人として、⑨富樫を責める者などはいなかったのである。
 
この試合のさらなる詳細はこちらから
1
取材・文 松尾祐希

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7190件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 明徳義塾-各務原[第94回全国高校サッカー選手権3回戦]

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  3. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは
    2017年3月29日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. サッカーの攻撃、守備で重要なのは、常にゴールの位置を考えること
    2017年3月28日
  8. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日

一覧へ