1. サカイク
  2. トピックス
  3. 鹿島がジュニアユースセレクションを開催

トピックス

鹿島がジュニアユースセレクションを開催

2015年9月26日

キーワード:セレクション2016募集鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズがジュニアユースのセレクションを行うと発表し、現小学6年生を対象に参加者を募集している。
 
■募集人員
新中学1年生 各校 約16~18名
 
■練習日
原則として火・水・木・金・土・日曜のうち週5回
 
■練習場所
〈鹿島〉鹿島アントラーズクラブハウスグラウンド、新日鐵住金総合グラウンド
※鹿島校は、スクールバスを運行しています。(銚子・神栖方面、成田・潮来方面)
〈ノルテ〉日立研究所グラウンドおよび茨大工学部グラウンド他
〈つくば〉つくばアカデミーセンター
 
■選考会日程・集合場所および選考会会場・申込受付期間
鹿島
【日時】
2015年11月3日(火・祝)
8:30受付 9:00~17:00 選考会
<雨天決行>
※11月3日(火・祝)に参加できない選手については、11月1日(日)17:00~新日鐵住金グラウンドで実施します。
【会場】
新日鐵住金グラウンド
 
ノルテ
【日時】
2015年10月3日(土)
8:15受付 9:00~17:00 選考会
<雨天決行>
【会場】
ひたちなか市総合運動公園陸上競技場
 
つくば
【日時】
●選考日第1回
…2015年9月23 日(水・祝)13:00受付
14:00~18:00 選考会
<雨天決行>
●選考日第2回…
2015年10月3 日(土)15:30受付
16:30~20:30 選考会
<雨天決行>
※選考日を第1回・第2回のいずれかからお選びいただき、申込用紙に明記してください。
【会場】
つくばアカデミーセンター
 
・鹿島・ノルテについては、天候や結果によって午前で終了になる場合がございます。
・荒天の場合、選考日前日の22:00までにアントラーズホームページに掲載致します。
 
■持参品
サッカーのできる服装・スパイク・昼食
 
■選考会内容
基本練習および参加者による試合他(予定)
 
■選考会参加費
3,000円(選考会当日に受付でお支払い願います)
 
■申込要領
申込用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、郵送にてお申込みください。
・希望コース名(鹿島・ノルテ・つくば)をお書きください。
・複数校を希望される方はそれぞれの希望校毎に申込を行ってください。(※参加費は希望校1校につき3,000円が必要となります)
・お申込後案内・通知はしません。選考会当日に時間厳守にて現地に集合ください。
・選考会日の都合がつかず受験できない場合は早めにご連絡ください。相談に応じます。
・つくばアカデミーセンター駐車場はご利用できません。つくばエクスプレスみどりの駅近隣有料駐車場をご利用ください。近隣商業施設や路上駐車はご遠慮願います。
 
■記入項目
1.氏名(ふりがな) 2.生年月日(年齢) 3.学校名・学年(新学年度のもの)4.保護者氏名および捺印 5.郵便番号・住所 6.電話番号 7.希望コース
8.(現在所属しているチームがあれば)所属チーム名 9.ポジション10.利き足11.サッカー歴 12.身長 13.体重
 
※詳しくはこちら
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 鹿島がジュニアユースセレクションを開催

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ