1. サカイク
  2. トピックス
  3. クラブ運営を体験「海外サッカークラブ実践体験プログラム」

トピックス

クラブ運営を体験「海外サッカークラブ実践体験プログラム」

2014年6月25日

キーワード:体験海外サッカー

サムライインターナショナル株式会社内「F.C. Asia プロジェクト」が企画・運営するサムライフットボールチャレンジ(Samurai Football Challenge)は、急成長を遂げる東南アジアの渦中で、サッカークラブの運営に挑戦しながら生活し、研修を受ける「海外サッカークラブ実践体験プログラム」。
 
Samurai Football Challenge
 
研修生はおよそ3週間のプログラムの中で、アウェイの地で自分を磨きながら、サッカークラブ運営で活躍する能力を身につけるのと同時に、スポーツ・サッカーをより深く考える機会を得ることが出来る。
 
<<Samurai Football Challenge 開催情報>>
 
■日程・クラブ
第1期 7月23日(水)~8月13日(水) 22日間 タイ・チェンライユナイテッドFC
第2期 8月6日(水)~8月27日(水) 22日間 カンボジア・GFA Soriya(ソリヤ)
第3期 8月13日(水)~9月3日(水) 22日間 タイ・チョンブリーFC または、チェンライユナイテッドFC を選択
※9月3日以降もプログラムは予定されています。詳しくはお問い合わせください。
 
■募集人数
各クラブ基本4名(2名以上で開催、定員になり次第締め切り)
 
■プログラム参加対象者
・スポーツビジネスを学んでいる方
・将来、スポーツ業界で働きたいと思っている方
・海外でのビジネスや新興国のスポーツ環境を体感したい方
・自分の力が海外でどの程度通用するか試したい方
・新興国の無限の可能性を体感したい方
・Jリーグのアジア展開に興味がある方
・当プログラムに強い関心がある方
 
■プログラム費
通常(22日間)コース:19万8,000円
※航空券、宿泊などの費用は含まれません。詳しくはウェブサイトでご確認ください。
 
■特徴
  1. スポーツの世界では珍しい、新興国での企画。Jリーグアジア展開との親和性を第一に考慮。経済で急成長を遂げている東南アジア地域にフォーカスし、Jリーグクラブとの連携にも寄与する。 
  2.  「超実践的アウトプット型プログラム」となっており、お膳立てはほとんど無し。自分で考え、自分で動くことを求める自立型ビジネスパーソン養成プログラム。 
  3.  研修生の「勉強」「経験」だけではなく、アジアで急発展した日本のサッカー環境を手本としたい東南アジアのクラブやサッカーファンへの貢献を実現する。 
 
■企画・運営
サムライインターナショナル株式会社内「F.C. Asia プロジェクト」
 
【お問い合わせ先】
FC-Asiaプロジェクト
サムライインターナショナル株式会社内
担当:四方(よも)・長谷川(はせがわ)
E-mail:info@fc-asia.org
公式HP:http://samurai-fc.asia/
 
Samurai Football ChallengeSamurai Football Challenge
 
Samurai Football ChallengeSamurai Football Challenge
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. クラブ運営を体験「海外サッカークラブ実践体験プログラム」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ