1. サカイク
  2. トピックス
  3. ダノンネーションズカップ2014、国内予選開幕!

トピックス

ダノンネーションズカップ2014、国内予選開幕!

2014年2月28日

キーワード:ダノンネーションズカップ横浜F・マリノス

 FIFA公認のU-12カテゴリーの世界大会「ダノンネーションズカップ in JAPAN 2014」が、3月2日の東京会場(駒沢オリンピック公園)を皮切りに開幕する。
 
横浜F・マリノスプライマリー
(C)ダノンネーションズカップ in JAPAN実行委員会
 
 予選大会は東京の他、大阪会場(3月9日/J-GREEN堺)、愛知会場(3月23日/豊田市運動公園)で開催。32チームずつ全96チームが参加し、上位4チームが3月29、30日の決勝大会(駒沢オリンピック公園)へ出場する。
 
 決勝大会には2013年度の優勝チームで、世界大会で3位という結果を残した横浜F・マリノスプライマリーなどJクラブのユースチームや、2012年度に世界2位になった埼玉県の強豪レジスタFCなど18チームがシードされており、予選大会を勝ち上がったチームと共に優勝を争う。
 
 世界大会はブラジルで開催されることがすでに決まっており、優勝チームは “日本代表”として参加する。この大会の特徴が世界レベルの試合が行われる、憧れのスタジアムでプレーできること。過去にはスペインのサンチャゴ・ベルナベウ、イングランドのウェンブリー・スタジアムなどが試合会場として用意された。ジュニア年代では数少ない世界につながる大会とあって、各チームのモチベーションは非常に高く、国内予選でも熱戦が繰り広げられるだろう。
 
 抽選によって決められる予選大会には出場チーム数を大幅に上回る申し込みがあるなど、日本国内でも認知度・注目度が上がっているダノンネーションズカップ。
 
 世界につながる大会を観戦するために、会場に足を運んでみてほしい。
 
試合中試合中
(C)ダノンネーションズカップ in JAPAN実行委員会
 
<ダノンネーションズカップ in JAPAN 2014大会日程>
東京会場予選大会 3月2日(日) 駒沢オリンピック公園
大阪会場予選大会 3月9日(日) J-GREEN堺
愛知会場予選大会 3月23日(日) 豊田市運動公園
決勝大会 3月29日(土)、30日(日) 駒沢オリンピック公園
 
ダノンネーションズカップin JAPAN 2014公式サイト>>
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
横浜F・マリノスプライマリー・西谷冬樹監督インタビュー
8人制サッカーを通じて子どもの能力を最大限に引き出す取り組み
育成のベテランがかける声 1つ成功するには100回の失敗が必要
育成のベテランが伝える「かわいい子には旅をさせてほしい」
1
文/北健一郎 写真/ダノンネーションズカップ in JAPAN実行委員会

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. ダノンネーションズカップ2014、国内予選開幕!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ