1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【全少】決勝進出は名古屋グランパスU12と鹿島アントラーズジュニア

トピックス

【全少】決勝進出は名古屋グランパスU12と鹿島アントラーズジュニア

2013年8月 2日

キーワード:全日本少年サッカー大会

IMG_0610.JPGIMG_0949.JPG

2日、第37回全日本少年サッカー大会決勝大会は愛鷹広域公園多目的競技場にて準決勝2試合が行われた。
 

■第1試合:名古屋グランパスU12(愛知) 2―1 ソレッソ熊本U-12(熊本)

前半から互いに決定機をつくり、10分にはソレッソ熊本U-12がコーナーキックからキャプテン松岡大起選手がシュート。しかし、クロスバーに跳ね返され得点ならず。16分には名古屋グランパスU12FW新玉瑛琉選手がGKをかわしてシュートを放つも、相手DFにクリアされ、ソレッソ熊本の守備も集中が切れなかった。このまま0-0で前半終了かと思われた20+2分名古屋グランパスU12は石田凌太郎選手のフリーキックを相手GKが弾き、こぼれ球を岡崎流也選手がゴールに押し込み、名古屋グランパスU12が先制して前半を終える。
 後半、名古屋グランパスU12は26分、相手GKのゴールキックをハーフライン近くで奪った松山竜也選手が、GKが飛び出しているのを見逃さずにロングシュート。これが決まって追加点をあげる。ソレッソ熊本U-12も必死の反撃を見せ、試合終了間際の40分、橋本大尊選手のコーナーキックから辻本直也選手のヘディングシュートで1点を返したが、反撃もここまで。名古屋グランパスU12が2-1で勝利し、決勝へ駒を進めた。
 

■第2試合:鹿島アントラーズジュニア(茨城) 4-0 大山田SSS(三重)

鹿島アントラーズジュニアの攻撃陣が序盤から爆発。2分には相手DFラインの前のスペースからFW栗俣翔一選手が落ち着いてシュートを決めて先制。栗俣選手はこれで得点王争い単独トップとなる大会11得点目を挙げた。さらに6分165cmの長身FW久保田慧選手がゴールめがけてドリブルで突進し、そのままシュートを決めて早くも2点のリードを奪う。一方の大山田SSSは鹿島アントラーズジュニア守備陣をなかなか崩すことができず、前半は2-0で鹿島アントラーズジュニアがリードで終える。
 後半に入っても鹿島アントラーズジュニアは攻撃の手を緩めず、23分には右サイドの根本健汰選手、栗俣選手とパスが繋がり、最後逆サイドでボールを受けた久保田選手が自身2点目のゴールを決める。さらに26分にも栗俣選手のパスを受けた久保田選手がシュートを決めてハットトリックを達成。大山田SSSは大声援を受けて、最後まで諦めずにゴールを狙い続け、39分には末吉祐紀選手、終了間際には雨宮陸選手がゴールを狙ったが、惜しくもゴールネットを揺らすことはできず、このまま試合終了。鹿島アントラーズジュニアが4-0で勝利し、決勝へと駒を進めた。
 
 決勝のカードは名古屋グランパスU12-鹿島アントラーズジュニアとなり、明日8月3日(土)9:30より愛鷹広域公園多目的球技場にて行われる。
 
<<決勝戦>>
8月3日(土)9:30キックオフ
■対戦カード:名古屋グランパス(愛知)- 鹿島アントラーズ(茨城)
■放送:10:30~11:25 日本テレビ系31局ネット
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【全少】決勝進出は名古屋グランパスU12と鹿島アントラーズジュニア

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ