1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「川崎フロンターレ算数ドリル」小学校教材として授業で活用

トピックス

「川崎フロンターレ算数ドリル」小学校教材として授業で活用

2011年10月14日

キーワード:Jリーグ

川崎フロンターレが地域に根ざすためのコミュニティー活動として製作している小学校教材の「川崎フロンターレ算数ドリル」。川崎市高津区にある川崎市立下作延小学校で6年生の授業に同クラブに所属する山瀬功治と小林悠がゲストティーチャーとして参加したとクラブのホームページでレポートされている。

「川崎フロンターレ算数ドリル」は、上巻と下巻に分かれており、毎年リニューアルされている。中面には、選手が写真で多数登場し、子どもの興味を惹き楽しく勉強できる構成となっている。ゲストティーチャーの小林悠は、「道のりの求め方」の勉強を担当し、実際に校庭で50mを走り、生徒のタイムと比較。同時にゴールするために、何m前からスタートすればよいかなど生徒と一緒に計算を行ったとのこと。「川崎フロンターレ算数ドリル」のゲストティーチャーは、今年で3回目となる。
 
【クラブホームページ】
川崎F:2011算数ドリルゲストティーチャー実践学習レポート(山瀬功治選手、小林悠選手)(11.10.13)
 
【関連リンク】
川崎フロンターレが被災地の小学生を「修学旅行」に招待
川崎フロンターレ「子どもサッカー教室」参加者を募集
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「川崎フロンターレ算数ドリル」小学校教材として授業で活用

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ