1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 「未来のバルサの土台を作る」バルサの哲学を次世代に受け継ぐ指導者たち

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法

「未来のバルサの土台を作る」バルサの哲学を次世代に受け継ぐ指導者たち

2012年7月18日

キーワード:スペイントレーニングバルセロナ知のサッカー練習育成

ss0.jpg
 
IMG_5787.JPG
 
バルサの強さはいつまで続くのでしょう?そんな疑問を持つ人も多いかもしれません。今回はFCバルセロナのメソッド部門責任者をつとめるジョアン・ビラ氏に、彼らが進めている改革について語ってもらいました。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 

■クラブの状況を分析し、改善点を探る

私はFCバルセロナの『メソッド部門』のディレクターとして、下部組織(カンテラ)の改革を推し進めています。現在のバルサにはメッシ、シャビ、プジョル、イニエスタ、セスク、ピケ、ブスケッツなど、下部組織から育った選手が数多くいます。彼らこそが、バルサを支える選手です。
 
バルサがこれからも進化し、バルサの哲学をピッチの上で体現するためにも、将来トップチームでプレーする、カンテラの選手たちの存在が重要になります。現在のバルサはカンテラ育ちの選手が多く、チームとして集団でプレーする点において、とても質の高いものがあります。
 
我々はバルサのプレーモデルが長く続くことにトライしていますが、シャビやプジョルが未来永劫プレーできるわけではありません。彼らの後を継ぐ若い選手たちが、もっとよくなるために指導をしていく必要があると考えています。
 
それがメソッド部門ディレクターである、私の仕事です。バルサはクラブとして、良い状況にあります。我々はこの状況が偶然できたとは思っていません。なにがうまくいき、どうやってここまでたどり着いたのか。そしてもっと良くなるために、なにを改善するべきなのか。それを探るのが、我々の仕事です。バルサの哲学を理解している選手たちが、ピッチでプレーし続けるために、我々は働きます。
 
IMG_7529.JPG
 

■未来のバルサの土台を作る

シャビやプジョルを始め、バルサのトップチームでプレーしているのは、優れた選手たちです。カンテラにいる選手たちは、彼らを憧れのまなざしで見ています。私は同じポジションのカンテラの選手に、トップチームの選手の映像を見せ、やるべきプレーを伝えています。ひとつのプレー映像を見せることは、言葉で伝えることよりもはるかに効果があります。子どもたちは、自分のアイドルがやっているプレーを真似したい、見たいと思っているからです。
 
いまのバルサにはモデルになる選手が多く、プレーを見ることができる環境にあります。そのようなチームが目の前にあるのに、それを活かさず、子どもたちに伝えないのは、もはや罪と言えるでしょう。
 
我々は4人のチームで仕事をしています。私のほかに、トップチームのフィジカルコーチであるパコ・セイルーロ。トレーナーのエミリオ・リカルド。そして、私の補佐をしてくれているビクトル・サンチェス。この4人でカンテラの全カテゴリーの試合を分析し、コーチを始めとするテクニカルスタッフに情報を提供します。これはとても大変で骨の折れる仕事です。しかし、この仕事こそが、バルサの哲学を全スタッフで共有するために必要なことであり、未来のバルサの土台を作る行為だと信じています。
 
77AL0416.JPG
 

■謙虚に学ぶ心を持ち、バルサの外にあるいいものを吸収する

カンテラの指導者のなかには、バルサのコーチでいることに、満足している人もいます。学びたいという向上心を持たないコーチは、バルサのジャージを脱がなければいけなくなるでしょう。バルサのコーチになると、特権を得たと勘違いしてしまうこともあります。そのような指導者を改善させることが、我々の役目です。
 
我々が期待しているのは、カンテラのコーチがサッカーを愛すること。そしていまのバルサのサッカーについて、どうすればもっと向上できるか、進化することができるかを考えてほしいと思っています。それとともに、謙虚に学ぶ心を持ち、バルサの外にあるいいものを吸収してほしい。それはグアルディオラ前監督が、我々に伝えてきたことでもあります。
 
バルサのテクニカルディレクターを務める、アンドニ・スビサレッタは、私に「落ち着いてやろう。少しずつ前進していこう」と言ってくれています。
 
クラブに関わる多くの人が、バルサの哲学が次世代に受け継がれ、よりよい時代が長く続くことを期待しています。我々はその期待に応えなくてはいけないのです。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>


【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png

 

joan.JPG

ジョアン・ビラ・ボスチ//
Joan Vila Bosch
FCバルセロナでクライフと共にプレーし、引退後はバルサの下部組織で14年間監督を務めた。現在はバルサのメソッド部門ディレクターとして、下部組織におけるトレーニングの進化・改善、コーチの指導を担う。監督時代はシャビ、プジョルなど現在のバルサの中心選手を育てた。
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
1
取材・文/鈴木智之 写真/SOCCER SERVICES,SCP、小川博久 取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 「未来のバルサの土台を作る」バルサの哲学を次世代に受け継ぐ指導者たち

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  6. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  7. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ